エクセル2010基本講座:ラベル印刷ウィザードを使う


スポンサードリンク


アドインの設定方法 ラベル印刷ウィザードを利用する

はじめに   topへ

アドインの設定方法   topへ

  1. Excel2010を起動し、[ファイル]タブの[オプション]を実行します。
  2. [アドイン]を選択すると、アクティブでないアプリケーション アドインに「ラベル印刷ウィザード」が見つかりました。
    下の管理に「Excelアドイン」となっているのを確認し、[設定]ボタンをクリックします。
  3. アドイン画面が表示されましたので、「ラベル印刷ウィザード」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。

ラベル印刷ウィザードを利用する   topへ

  1. Excel2010を起動します。
  2. 住所が入力されているファイルを開きます。
  3. [ファイル]タブの[印刷]を選択すると、[ラベル印刷ウィザード]ボタンがあります。
    [ラベル印刷ウィザード]ボタンをクリックします。
  4. 範囲でデータの範囲を選択して指定しました。
    「先頭行を見出しとして使用する」のチェックを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
  5. 印刷するラベルの製造会社、ラベルの種類を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
    • 製造会社やラベルの種類がリストにないときは、[詳細]ボタンをクリックして設定をすることができます。
  6. 列見出しを選択して[>]ボタンをクリックすると、ラベル テンプレートへ配置されます。
    郵便番号、住所、名前を配置しました。
    住所などは枠が小さいと表示しきれないことがありますので、大きめに設定するのがよさそうです。
  7. [プレビュー]ボタンをクリックして確認しました。
    データが差し込まれているのが確認できます。
  8. [印刷]ボタンをクリックすると印刷されます。
    印刷後はこれまでの設定が消えますので、ラベル印刷ウィザードで再度作成をし直す必要がありますのでご注意ください。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次テンプレート・アドインなど|ラベル印刷ウィザードを使う