エクセル2010基本講座:数値の表示形式


スポンサードリンク

数値の表示形式    topへ

標準の数値の表示形式

  1. 「ホーム」タブの数値グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
    セルの書式設定を表示するショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  2. 「表示形式」タブを選択します。
    分類で「数値」を選択します。
    ここでは小数点以下の桁数の指定と、桁区切りの使用を指定することができます。
    また負の数の表示形式を選択して指定します。
  3. ここで設定した表示形式を確認するには、設定したセルを選択して表示形式のユーザー定義を選択すると確認することができます。
    上記のように設定した場合は表示形式が #,##0_);[赤](#,##0) となっているのがわかります。
    • #,##0_);[赤](#,##0) は3ケタ以上の時は桁区切りをするように指定されています。
      #,##0_);[赤](#,##0) は数値の後ろに ) (半角のカッコ) と同じ幅の空白を付けることを指定しています。
      これは負の値の時に [赤](#,##0) と指定して赤色のフォントでかっこでくくるという書式を指定しているので、負の値と1桁の表示位置を合わせるためです。

数値の書式記号

表示形式のショートカットキー

表示形式と表示例(ユーザー定義の表示形式)

桁区切りを入れたい

指定の桁数で表示したい

千単位、百万単位で表示したい

整数値の頭に0を付けて表示する

数値の後ろに 円 といった単位記号を表示したい

色の書式、条件を付けた書式

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次書式・表示形式|数値の表示形式