エクセル2010基本講座:グラフの作成手順

スポンサードリンク

グラフの作成手順     Topへ

  1. データリストを作成します。
    下表のようなデータリストを作成しました。
    B C D E
    2 各支店別売上高
    3        
    4   福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店
    5 10月 12,100,000 6,500,000 9,000,000
    6 11月 13,800,000 7,500,000 8,100,000
    7 12月 15,000,000 7,800,000 9,500,000
    8 1月 11,200,000 6,200,000 8,100,000
    9 2月 10,000,000 6,000,000 7,800,000
    10 3月 11,100,000 7,800,000 8,800,000
  2. データリスト内の1つのセルをアクティブにします。もしくは、グラフ化するデータの列見出し/行見出しを含めて選択した状態にします。
  3. [挿入]タブのグラフグループにある[縦棒]→[2-D縦棒の集合縦棒]を実行します。
  4. 集合縦棒グラフが作成されました。
  5. レイアウトを選択します。
    グラフツール リボンの[デザイン]タブにある[グラフのレイアウト]の[▼]ボタンをクリックして、リストを展開します。
  6. 表示されたレイアウトのリストから適切なものを選択します。
  7. 右上の「レイアウト3」を選択してみました。
  8. グラフタイトルを入れます。
    グラフタイトルを選択して文字をキーボードから入力してもよいのですが、ここではセルを参照することにしました。
    グラフタイトルを選択して数式バーにカーソルを表示します。参照するセル「B2」をクリックすると、数式バーに「=Sheet1!$B$2」と入力されました。[Enter]キーを押して確定します。
  9. グラフタイトルができました。
  10. ラベルなどを追加、修正したいときはグラフツール リボンの[レイアウト]タブにラベルや軸に関するコマンドが準備されていますので、ここから設定を変更/修正することができます。
  11. デザインを変更する
    [デザイン]タブの「グラフのスタイル」から選択することができます。
  12. グラフが完成しました。

スポンサードリンク


よねさんのExcelとWordの使い方エクセル2010基本講座:目次グラフの使い方|グラフの作成手順