Excel 2016でウィンドウ枠を固定する


スポンサードリンク


行を固定表示する 列を固定表示する
行と列を固定表示する
先頭行を固定表示する 先頭列を固定表示する

ウィンドウ枠を固定する           Topへ

行を固定表示する          Topへ

  1. 固定する行の下の行を選択します。(1:2行目を固定表示する場合はスクロールの開始行を選択します。)
    ここでは 3行目を選択します。

    または、A列のセルを選択します
    ここでは、A3セルを選択します。
  2. [表示]タブのウィンドウグループにある[ウィンドウ枠の固定]→[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
  3. 1:2行が固定表示できました。


    縦スクロールしても常に1:2行が表示されているのがわかります。

列を固定表示する          Topへ

  1. 固定する列の右側の列を選択します。(A:B列を固定表示する場合はスクロールの開始列を選択します。)
    ここでは C列を選択します。

    または、1行目のセルを選択します
    ここでは、C1セルを選択します。
  2. [表示]タブのウィンドウグループにある[ウィンドウ枠の固定]→[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
  3. A:B列が固定表示できました。


    横スクロールしても、A:B列が常に表示されているのがわかります。

行と列を固定表示する          Topへ

  1. 固定する行列の右下のセルを選択します。(A:B列と1;2行を固定表示する場合はスクロールの開始するセルを選択します。)
    ここでは C3セルを選択します。
  2. [表示]タブのウィンドウグループにある[ウィンドウ枠の固定]→[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
  3. 3セルを選択してウィンドウを固定した例です。
    縦スクロール、横スクロールをしても1:2行とA:B列(薄い黄色で塗りつぶしている部分)が常に表示されているのがわかります。


    縦スクロール、横スクロールをした後の様子(薄い黄色で塗りつぶしている部分が常に表示されています)。

先頭行を固定表示する          Topへ

  1. ここでは1行目の見出し行を固定したいので、1行目が一番上に表示されている状態にします。
    どこのセルを選択していてもかまいません。
  2. [表示]タブの[ウィンドウ枠の固定]→[先頭行の固定]を選択します。
  3. 先頭行が固定されました。
    下図は縦にスクロールしていますが1行目は表示されたままです。

先頭列を固定表示する          Topへ

  1. ここではA列を固定したいので、A列が一番左に表示されている状態にします。
    どこのセルを選択していてもかまいません。
  2. [表示]タブの[ウィンドウ枠の固定]→[先頭列の固定]を選択します。
  3. 先頭列が固定されました。
    下図は横にスクロールしていますが1列目(A列)は表示されたままです。

スポンサードリンク



よねさんのExcelとWordの使い方Excel2016基本講座:目次|Excel 2016でウィンドウ枠を固定する