ひとつ上のセル/左のセルをコピーする(Ctrl+D,Ctrl+R):Excelの便利な技


スポンサードリンク


上のセルをコピーする 左のセルをコピーする

ひとつ上のセルと同じデータをコピーする   topへ

  1. E3セルを選択して、 Ctrl キーを押しながら D キーを押します
  2. E2セルと同じデータがE3セルに入力されました。
    ちなみに、B3〜D4も Ctrl+Dでコピーしています。書式も一緒について来るのがわかります。
    アクティブセルはE3セルから移動しません。

数式を Ctrl+D でコピーする

  1. F2セルには =FORMULATEXT(D2) と入力してあります。D列の数式を表示しますが、D3:D8セルには、現在未入力なので #N/A が表示されています。
    数式が入力されている D2セルから D8セルを選択しています。
    この状態で、[Ctrl]+[D] キーを押します。
  2. 選択していた部分に一番上の数式がコピーされました。(F列にコピーされた数式を表示していますので、コピーされた数式を確認することができます。)
    セルに設定した書式(フォントの色が赤)も一緒にコピーされていることがわかります。

キーボード操作の手順

ひとつ左のセルと同じデータをコピーする   topへ

  1. C3:C5セルを選択して、 Ctrl キーを押しながら R キーを押します
  2. 選択していたセルの左のセルのデータが入力(コピー)できました。書式も一緒について来るのがわかります。

左のセルを右方向へ複数セルコピーする

  1. B6セルに =SUM(B2:B5) と入力されています。
    B6:E6セルを選択します。(コピー元のB6セルをs含めて選択しています)
    [Ctrl]+[R]キーを押します。
  2. B6セルを右方向へ E6セルまでコピーすることができました。

スポンサードリンク