複数の関数の入れ子を作成する方法:Excelの便利な技


スポンサードリンク

複数の関数の入れ子を作成する   topへ

  1. 数式を入力するセル D8セルを選択します。
    数式バーをクリックして、カーソルを表示し、=av と入力すると、数式オートコンプリートのリストが表示されます。
    av で始まる関数がリスト表示されます。
    [↓]キーを押して、[AVERAGE] を選択して、[Tab]キーを押します。
  2. 数式バーに =AVERAGE( と入力されます。
  3. 計算するセル D3:D7セルをマウスでドラッグするか、D3:D7 と入力して =AVERAGE(D3:D7) と平均を求める数式を作成します。
  4. この平均を小数点以下一桁に丸めるため、ROUND関数を入力します。
    =とAVERAGEの間にカーソルを移動して、ro と入力し、[↓]キーを押してリストの「ROUND」を選択します。
  5. [Tab]キーを押すと、ROUND( が入力されます。AVERAGE(D3:D7)の後ろに、カーソルを移動して、引数の丸める桁数 ,1) を入力します。
    =ROUND(AVERAGE(D3:D7),1) が入力できました。
  6. [Ctrl]+[Enter]キーで入力を確定します。(アクティブセルをD8から移動しないようにしています)
    フィルハンドルを右方向へドラッグして数式を入力します。

スポンサードリンク