Excel 2016でユーザー設定のビューを使う


スポンサードリンク


ユーザー設定のビューが使用できないケース
印刷用にユーザー設定のビューを登録する 印刷用のユーザー設定のビューに切り替える
フィルター後をユーザー設定のビューを登録する フィルター後のユーザー設定のビューに切り替える

ユーザー設定のビューが使用できないケース       Topへ

ユーザー設定のビューを設定する       Topへ

  1. [表示]タブの「ユーザー設定のビュー」をクリックします。
  2. ユーザー設定のビュー ダイアログボックスが表示されます。[追加]ボタンをクリックします。
  3. 名前を入力し、[OK]ボタンをクリックします。ここでは「全データ表示」としました。

印刷用にユーザー設定のビューを登録する       Topへ

  1. 印刷するデータのみを表示し、不要なデータ(列)を非表示にしました。
    F列、H〜N列を非表示にしました。
  2. 印刷の設定を行います。
    [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。
  3. ページ設定の[ページ]タブで「拡大/縮小」にチェックを入れ、90% に設定しました。
  4. [表示]タブで[ページレイアウト]をクリックして、表示をページレイアウトにしました。
  5. [表示]タブの「ユーザー設定のビュー」をクリックします。
  6. ユーザー設定のビュー ダイアログボックスが表示されます。[追加]ボタンをクリックします。
  7. 名前を「印刷用住所録」と入力しました。
    「印刷の設定」にチェックが入っているのを確認します。
    [OK]ボタンをクリックします。

印刷用のユーザー設定のビューに切り替える       Topへ

  1. 現在は全データが表示された状態です。
    [表示]タブの[ユーザー設定のビュー]をクリックします。
  2. [印刷用住所録]を選択して、[表示]ボタンをクリックします。
  3. ユーザー設定のビューで登録した印刷状態で表示されました。
    [全データ表示]から[印刷用住所録]の表示に切り替えることができました。

フィルター後をユーザー設定のビューを登録する       Topへ

  1. データの一部をフィルターで表示し、そのフィルター後の状態をユーザー設定のビューに登録することができます。
    データをフィルターしました。
  2. この状態で[表示]タブの「ユーザー設定のビュー」をクリックします。
  3. ユーザー設定のビュー ダイアログボックスが表示されます。[追加]ボタンをクリックします。
  4. 名前を「フィルター後のデータ」と入力しました。
    [OK]ボタンをクリックします。

フィルター後のユーザー設定のビューに切り替える       Topへ

  1. 現在は全データが表示された状態です。
    [表示]タブの[ユーザー設定のビュー]をクリックします。
  2. [フィルター後のデータ]を選択して、[表示]ボタンをクリックします。
  3. ユーザー設定のビューで登録したフィルター後の状態で表示されました。
    [全データ表示]から[フィルター後のデータ]の表示に切り替えることができました。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でユーザー設定のビューを使う