Excel 2016でのテーブル機能の使い方


スポンサードリンク


テーブルを作成する テーブルの名前を変更する
テーブルのスタイルを設定する
テーブルの最終行に行を追加する テーブルの途中に行を追加する
テーブルの行を削除する テーブルを解除する

テーブルを作成する       Topへ

  1. データリスト内のセルを1つ選択した状態で、[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[T] です。
  2. 「テーブルに変換するデータ範囲を指定してください」のデータ範囲が適切なのを確認します。適切でないときは正しい範囲を指定します。
    「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認します。(先頭行が見出しでない場合はチェックを外します)
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. データ範囲がテーブルに変換され、書式も追加されました。
    テーブルツール リボンが表示され、テーブル名に「テーブル1」と表示されました。

テーブル名を変更する      Topへ

  1. テーブルツールの[デザイン]タブのテーブル名のボックス内でテーブルの名前を変更することができます。
  2. [数式]タブの[名前の管理]を実行します。


    名前の管理で変更するテーブル名を選択して、[編集]ボタンをクリックします。


    名前の編集で名前に新しいテーブル名を入力し、[OK]ボタンをクリックします。


    名前が変更できました。[閉じる]ボタンをクリックします。
  3. テーブルの名前を付ける場合注意が必要です。
    名前の先頭に数字があったり、名前の中に括弧を使ったりすることはできません。
    名前の規則に合致していない場合は、下図のような警告が表示されて修正を求められます。

テーブルのスタイルを設定する      Topへ

  1. テーブル内のセルを1つ選択して、テーブルツール リボンを表示します。
    [デザイン]タブのテーブル スタイルのオプション でテーブルのスタイルを設定することができます。
    下図では「縞模様(行)」のチェックを外しました。すると、テーブルスタイルのギャラリーが行の縞模様がないものに変化しました。
  2. 下図では「縞模様(行)」のチェックを入れました。すると、テーブルスタイルのギャラリーが1行ごとに縞模様が付きました。
  3. 下図では「縞模様(行)」のチェックを外し、「縞模様(列)」のチェックを入れました。
    すると、テーブルスタイルのギャラリーが1列ごとに縞模様が付きました。
  4. スタイルギャラリーからテーブルのスタイルの「緑、テーブルスタイル(中間)7」を選択しました。
  5. テーブルのスタイルが「緑、テーブルスタイル(中間)7」に設定されました。
    1行ごとに色がついていて見やすいと思います。
    ちなみに、テーブルスタイルのオプションで「見出し行」にチェックを入れてありますので、テーブルの先頭行の書式は他の行とは異なります。

テーブルの最終行に行を追加する       Topへ

データを連続して入力する場合

  1. テーブルに連続してデータを入力するときは、右下のセル(最終のデータ)を入力するときに[Tab]キーを押します。
  2. テーブルに、次の行が挿入されます。書式も設定したものが自動で付けられます。
    テーブルの右下にテーブルの領域が操作できるハンドルが表示されますので、テーブルの領域(セル範囲)を確認することができます。
  3. なお、追加された行にはデータ行に数式がある場合はその数式がコピーされます。
    下図のように、合計の列には数式が入力されていますので、追加された行にも数式 =SUM(F12:H12) がコピーされています。

他の作業からデータの入力作業を行う場合

  1. 他の作業を行った後で、テーブルにデータを追加するケースです。
    下図は最終行の次の行にデータを入力し、[Tab]キーを押した状態です。
    テーブル範囲が自動で拡張されました。

テーブルの途中に行を追加する       Topへ

  1. 行を挿入したい行を選択します。
    テーブルの左端にマウスポインタを合わせて、右矢印の状態でクリックしてテーブルの行を選択します。

  2. [ホーム]タブの[セルの挿入]ボタンをクリックします。(セルの挿入ボタンの上の部分をクリックします)
  3. テーブルに1行が追加されました。

テーブルに複数行を挿入する

  1. 複数行を挿入したい場合は、挿入したい行から複数行を選択します。
    テーブルの左端部にマウスを合わせ右矢印のマウスポインタで下方向へドラッグして、複数行を行選択します。


    [ホーム]タブの[セルの挿入]ボタンをクリックします。(セルの挿入ボタンの上の部分をクリックします)


    テーブルの途中に複数の行が挿入できました。
  2. 複数のセルを選択します。


    [ホーム]タブの[挿入]→[上に行を挿入]を選択します。


    テーブルの途中に複数の行が挿入できました。
  3. 右クリックメニューを使って、複数セルの選択からテーブルの行を挿入することができます。
    複数のセルを選択して、右クリックします。右クリックメニューの[挿入]→[テーブルの行(上)]を選択します。

テーブルの行を削除する       Topへ

  1. 削除する行のセルを選択します。




    選択していたセルのテーブルの行が削除されました。
  2. 複数のセルを選択します。


    [ホーム]タブの[削除]→[行の削除]を選択します。


    選択していたセルのテーブルの行が削除されました。
  3. 削除したい行のセルを選択し、右クリックします。
    右クリックメニューの[削除]→[テーブルの行]を選択します。


    選択していたセルのテーブルの行が削除されました。

テーブルを解除する       Topへ

  1. テーブル内のセルを1つ選択します。
    テーブルツールの[デザイン]タブを選択し、テーブルスタイルでスタイルギャラリーを展開して「なし」を選択します。
  2. テーブルのスタイルがクリアされました。
  3. テーブルツールの[デザイン]タブの[範囲に変換]を選択します。
  4. 「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」と表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
  5. テーブルが解除されました。
    右下のセルのテーブル領域を操作できるハンドルがなくなりました。また、テーブルツール リボンも非表示になりました。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でのテーブル機能の使い方