Excel 2016での条件付き書式の設定方法


スポンサードリンク


指定の値を含むセルだけを書式設定 上位または下位に入る値だけを書式設定
1位を赤、2位を青、3位を黄色にする例 平均より上または下の値だけを書式設定
データバー、カラースケール、アイコンセットを使う場合

条件付き書式のコマンドについて      Topへ

使用するデータ      Topへ

「ルールの管理」から始める       Topへ

指定の値を含むセルだけを書式設定

  1. 条件付き書式を使って書式を設定するセルまたはセル範囲を選択します。
    ここでは、合計が250以上のセルを塗りつぶす設定をしたいと思います。
    書式を設定する セル範囲F3:F15を選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[ルールの管理]を選択します。
  3. 書式ルールの表示が「現在の選択範囲」となっているのを確認します。
    [新規ルール]ボタンをクリックします。
  4. ルールの種類を選択してくださいで「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。
    次のセルのみを書式設定で「セルの値」「次の値以上」「250」と設定します。
    [書式]ボタンをクリックして、セルの書式を設定します。
    {OK]ボタンをクリックします。
  5. [適用]ボタンをクリックすると、条件付き書式が実行され、期待した結果か否かを確認することができます。
    [OK]ボタンをクリックすると、条件付き書式が設定されます。
  6. セル範囲F3:F15に条件付き書式が設定されました。

上位または下位に入る値だけを書式設定

  1. 条件付き書式を使って書式を設定するセルまたはセル範囲を選択します。
    ここでは、合計が上位3位までのセルを塗りつぶす設定をしたいと思います。
    書式を設定する セル範囲F3:F15を選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[ルールの管理]を選択します。
  3. 書式ルールの表示が「現在の選択範囲」となっているのを確認します。
    [新規ルール]ボタンをクリックします。
  4. ルールの種類を選択してくださいで「上位または下位に入る値だけを書式設定」を選択します。
    次に入る値を書式設定で 「上位」 「3」 と設定します。
    [書式]ボタンをクリックして、セルの書式を設定します。
    {OK]ボタンをクリックします。
  5. [適用]ボタンをクリックすると、条件付き書式が実行され、期待した結果か否かを確認することができます。
    [OK]ボタンをクリックすると、条件付き書式が設定されます。
  6. セル範囲F3:F15に条件付き書式が設定されました。

1位を赤、2位を青、3位を黄色にする例

平均より上または下の値だけを書式設定

  1. 条件付き書式を使って書式を設定するセルまたはセル範囲を選択します。
    ここでは、合計が平均以上のセルを塗りつぶす設定をしたいと思います。
    書式を設定する セル範囲F3:F15を選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[ルールの管理]を選択します。
  3. 書式ルールの表示が「現在の選択範囲」となっているのを確認します。
    [新規ルール]ボタンをクリックします。
  4. ルールの種類を選択してくださいで「平均より上または下の値だけを書式設定」を選択します。
    次のセルのみを書式設定で 選択範囲の平均値 「以上」 と設定します。
    [書式]ボタンをクリックして、セルの書式を設定します。
    {OK]ボタンをクリックします。
  5. [適用]ボタンをクリックすると、条件付き書式が実行され、期待した結果か否かを確認することができます。
    [OK]ボタンをクリックすると、条件付き書式が設定されます。

データバー、カラースケール、アイコンセットを使う場合

  1. 条件付き書式を使って書式を設定するセルまたはセル範囲を選択します。
    ここでは、データバーを設定をしたいと思います。
    書式を設定する セル範囲F3:F15を選択します。
  2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[ルールの管理]を選択します。
  3. 書式ルールの表示が「現在の選択範囲」となっているのを確認します。
    [新規ルール]ボタンをクリックします。
  4. ルールの種類を選択してくださいで「セルの値に基づいてすべてのセルを書式設定」を選択します。
    セルの値に基づいてすべてのセルを書式設定で 「データバー」 を選択します。
    必要に応じて種類、バーの外観などを設定します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  5. [適用]ボタンをクリックすると、条件付き書式が実行され、期待した結果か否かを確認することができます。
    [OK]ボタンをクリックすると、条件付き書式が設定されます。

スポンサードリンク



HomeExcel 2016の使い方の目次条件付き書式の目次|Excel 2016での条件付き書式の設定方法