Excel 2016でエラーのセルのフォント色を変えたい(条件付き書式)


スポンサードリンク


Excel 2016でエラーのセルのフォント色を変えたい     Topへ

  1. 条件を選択して設定する

    1. 条件付き書式を設定するセルC2:C4を選択します。
    2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[新しいルール]をクリックします。
    3. 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。
      次のセルのみを書式設定で「セルの値」で「エラー」を選択します。
    4. 新しい書式ルールの表示が変わり、次のセルのみを書式設定が「エラー」のみになりました。
      [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。
      • 書式は[フォント]タブを選択して、色を「赤」に設定しました。
    5. C3セルのエラー値 #N/A が赤色になりました。
  2. 数式で条件付き書式を設定する

    1. 条件付き書式を設定するセルC2:C4を選択します。
    2. [ホーム]タブの[条件付き書式]→[新しいルール]をクリックします。
    3. 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。
      次の数式を満たす場合に値を書式設定に =ISERROR(C2) と数式を入力します。 C2は相対参照にします。
      [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。
      • 書式は[フォント]タブを選択して、色を「黄」に設定しました。
    4. C3セルのエラー値 #N/A が黄色になりました。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016で表を作成し、書式を整える|Excel 2016でエラーのセルのフォント色を変えたい(条件付き書式)