Excel 2016ではピボットテーブルで日時の自動グループ化が行われるようになりました


スポンサードリンク


年月のデータからExcel2016でピボットテーブルを作成する
日時のデータからExcel2016でピボットテーブルを作成する
従来のピボットテーブルでのグループ化 日付/時刻列の自動グループ化を無効にする

年月のデータからExcel2016でピボットテーブルを作成する       Topへ

  1. データリスト内のセルを1つ選択します。
  2. [挿入]タブの[ピボットテーブル]を実行します。
  3. テーブル/範囲 がデータリストの範囲と一致しているのを確認します。一致していないときは正しいデータ範囲を指定します。
    ピボットテーブル レポートを配置する場所は 「既存のワークシート」を選択し、E4セルを指定しました。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. ピボットテーブルのフィールド ウィンドウで、「年月」を「行」に、[数値]を「値」にドラッグしました。
  5. 「年月」を「行」に、[数値]を「値」にドラッグすると、年月のほかに 年、四半期 といったグループが作成されました。
    自動グループ化が実行されました。 ここが従来(Excel2013以前)と異なるところです。 各年の四半期ごとの集計ができました。
  6. 「四半期」のチェックを外してみました。
    各年の月ごとの集計ができました。
  7. 「年」のチェックを外しました。
    年を超えて、月ごとの集計ができました。

日時のデータからExcel2016でピボットテーブルを作成する       Topへ

  1. 下図のような日時のデータリスト内のセルを1つ選択します。
  2. [挿入]タブの[ピボットテーブル]を実行します。
  3. 「行」に「日時」、「値」に「数値」をドラッグすると、自動グループ化が実行されました。
    「日」「時」のグループが作成されました。
  4. 「日」のチェックを外しました。
    時間ごとの集計ができました。

従来のピボットテーブルでのグループ化       Topへ

  1. データ内のセルを1つ選択して、ピボットテーブルを作成します。
    下図はExcel2010です。
  2. ピボットテーブルは下図のように作成されます。
    「年月」のグループ化は手動で行う必要があります。
  3. ピボットテーブルの年月のデータを右クリックして、「グループ化」を選択します。
    (ここからの操作はExcel2016では不要になりました)
  4. 「月」「四半期」「年」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 「月」「四半期」「年」のグループ化ができました。
    (Excel2016ではここまでのグループ化の操作が不要になりました。)

日付/時刻列の自動グループ化を無効にする       Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックしてバックステージビューを表示し、[オプション]を選択します。
  2. [詳細設定]を選択します。
    「ピボットテーブルで日付/時刻列の自動グループ化を無効にする」のチェックを入れます。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016ではピボットテーブルで日時の自動グループ化が行われるようになりました