Excel(エクセル)基本講座:覚えておきたい入力の基本技

スポンサードリンク

覚えておきたい入力の基本技   topへ

  1. セルに値を入力するときの操作(アクティブセルの移動)
  2. セルの選択範囲をキーボードで操作する
  3. ひとつ上のセルと同じデータを入力する
  4. ひとつ左のセルと同じデータを入力する
  5. 複数のセルに一度で同じデータを入力する
  6. 上で入力したデータをリストから選択して入力する
  7. 上で入力したデータをオートコンプリートで入力する
  8. 編集モードにしてカーソルでセル移動しない
  9. リストから選択して入力する(入力規則)

セルに値を入力するときの操作(アクティブセルの移動)   topへ

  1. 入力後のアクティブセルの移動
    1. 入力するセルを選択して、数値を入力します。
      下図はB2セルを選択して、キーボードから12345 と入力しています。
      セル内にカーソルが表示されているのがわかると思います。ちなみに、ステータスバーには 入力 と表示されています。
    2. 入力を確定して、右のセルに移りたいときは、[Tab]キーを押して入力を確定します。
      アクティブセルは右のC2セルになります。
    3. 入力を確定して、下のセルに移りたいときは、[Enter]キーを押して入力を確定します。
      アクティブセルは下のB3セルになります。
  2. 入力したいセルへ素早く移動する
    キーボードでのアクティブセルの移動:基点からの移動方向
    Tab 1つ右のセルへ移動
    Enter 1つ下のセルへ移動
    Shift + Tab 1つ左のセルへ移動 (Tabの逆)
    Shift + Enter 1つ上のセルへ移動 (Enterの逆)
    Home A列のセルへ移動
    Ctrl + Home A1セルへ移動
    Ctrl + → 右端のセル(右側に入力済みのセルがあるときはそのセル)
    Ctrl + ← 左端のセル(左側に入力済みのセルがあるときはそのセル)
    Ctrl + ↓ 下端のセル(下側に入力済みのセルがあるときはそのセル)
    Ctrl + ↑ 上端のセル(上側に入力済みのセルがあるときはそのセル)
  3. 修正したいセルへ素早く移動する
    セルの入力済みのセル範囲内

セルの選択範囲をキーボードで操作する   topへ

  1. B5セルを選択して、Shift + → キーを4回押すと、右方向へ4個セル範囲が拡大されます。
  2. さらに、Shift+ ↓ キーを3回押すと、下方向へ3行セル範囲が拡大されます。
    なお、アクティブセルは B5セルから移動していません。

ひとつ上のセルと同じデータを入力する   topへ

  1. E3セルを選択して、 Ctrl キーを押しながら D キーを押します
  2. E2セルと同じデータがE3セルに入力されました。
    ちなみに、B3〜D4も Ctrl+Dでコピーしています。書式も一緒について来るのがわかります。
    アクティブセルはE3セルから移動しません。

ひとつ左のセルと同じデータを入力する   topへ

  1. C3:C5セルを選択して、 Ctrl キーを押しながら R キーを押します
  2. 選択していたセルの左のセルのデータが入力できました。書式も一緒について来るのがわかります。

複数のセルに一度で同じデータを入力する   topへ

  1. D1セルを選択し、Ctrlキーを押した状態で、B6:D7セル、D11:D12セルを選択しました。
    下図のような複数のセル範囲を選択しました。アクティブセルは白く抜けているD11セルです。
  2. アクティブセル D11セルに 男と入力しています。カーソルがD11セルに表示されています。
    Ctrl + Enter キーで入力を確定します。
  3. 選択していたセルすべてに、アクティブセル(D11セル)に入力した文字列「男」が入力されました。

上で入力したデータをリストから選択して入力する   topへ

  1. B9セルを選択して、 Alt + ↓ を押しました。
    上で入力したデータがリスト表示されました。
  2. ↓(カーソルキー)で選択して、 Enter キーを押して入力することができます。
  3. リストで選択したデータが入力されました。セルの値だけが入力され、書式はついてきていません。

上で入力したデータをオートコンプリートで入力する   topへ

  1. B2:B8セルは手入力でキーボードから入力しています。かな情報が付いた状態です。
    B9セルに く と入力すると、 熊本県が表示されました。熊本県と入力したいので Enter キーを押します。
  2. セルに 熊本県と入力されました。書式はついてきません。

数式(計算式)を素早く入力する   topへ

  1. H2セルに +sum(e2:g2) と入力し、[Enter]キーで入力を確定します。
  2. 数式バーには =+SUM(E2:G2) と = が補間されたのがわかります。
    H2セルには計算結果が表示されます。

編集モードにしてカーソルでセル移動しない   topへ

  1. C2セルを選択して「入力中」と文字列を入力している場面です。
    ステータスバーには 「入力」と入力モードであることが示されています。


    この状態でカーソルキー「←」を2回押すと、アクティブセルが左へ2個移動します。
    ステータスバーを見ると入力モードが解除され、準備完了と表示されています。
  2. C3セルに編集中を入力します。
    C3セルを選択して、[F2]キーを押すとC3セル内にカーソルが表示され、ステータスバーには 「編集」モードであることが表示されます。


    この状態でカーソルキー「←」を2回押すと、カーソルがセル内で2文字分移動します。
    編集モードは変化しません。

リストから選択して入力する(入力規則)   topへ

スポンサードリンク