Excel 2016で連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する


スポンサードリンク


連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する       Topへ

  1. リスト表示するデータをテーブルで作成します。ここでは、Sheet2に入力することにします。
    A列には 最初に選択するリストを入力しています。具体的には地方名を入力しています。
    B列以降には各地方に属する都道府県名を入力しています。
    A1セルを選択して、[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。
  2. テーブルに変換するデータ範囲には、データの最大列×最大行が指定されます。
    このケースでは A1:I10 がデータ範囲と指定されます。
    「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. テーブルに変換されました。
    テーブルツールのデザインタブを選択すると、テーブル名は「テーブル1」となっているのを確認することができます。
  4. Sheet1に入力規則を使って入力することにします。
    B3セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択します。
  5. データの入力規則で[設定]タブを選択します。
    入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に =INDIRECT("テーブル1[地方名]") と入力します。テーブル1の「地方名」という列を指定しています。
    [OK]ボタンをクリックします。
  6. この操作は重要なため、忘れずに実行します。
    B3セルでドロップダウンリストを開いて、いずれかの地方名を選択します。
    ここでは「中国地方」を選択しました。
  7. 2つ目のリストを設定します。
    C3セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択します。
    データの入力規則で[設定]タブを選択します。
    入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に =INDIRECT("テーブル1[" & B3 & "]") と入力します。
    この数式は 上記の =INDIRCT("テーブル1[地方名」") という数式の 地方名のところを B3とセル参照にします。
    INDIRCT関数の引数部分はテーブル1の各列見出しを指定することになるので、 B3セルの文字列が入るようにします。

    [OK]ボタンをクリックします。
  8. 2つ目の入力規則のドロップダウンが連動し、リストから選択して入力することができました。

テーブルを解除する

  1. この空欄を表示しないようにするには、各列をそれぞれ1つのテーブルにする必要があります。
    テーブルツールの [範囲に変換]をクリックして、テーブルを解除します。
  2. テーブルを標準の範囲に変換しますか? で[はい]をクリックします。
  3. 書式が残っていますので、元のテーブルの範囲を選択して、[ホーム]タブの[クリア]→[書式のクリア]を実行します。

各列をそれぞれテーブルにする

  1. A1:A9セルを選択して、[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。
  2. データ範囲を確認し、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。
  3. テーブルツールの[デザイン]タブを選択して、テーブル名を列見出しと同じく「地方名」と入力します。
    テーブルの名前を変更するのは、自動ではテーブル2、3、4といった具合に名前が付けられますが、あとで度の列がどのテーブル名かがわかりずらくなるため、最初に列見出しと同じに変更してします。
  4. B1:B9セルを選択して、[挿入]タブで[テーブル]をクリックして、テーブル化し、テーブルツールでテーブル名を「九州地方」としました。
  5. C1:C5セルを選択して、[挿入]タブで[テーブル]をクリックして、テーブル化し、テーブルツールでテーブル名を「四国地方」としました。
  6. 以下同様に、D1:D6セルをテーブル化して「中国地方」とテーブル名を変更します。
    E1:E8セルをテーブル化して「近畿地方」とテーブル名を変更します。
    F1:F10セルをテーブル化して「中部地方」とテーブル名を変更します。
    G1:G8セルをテーブル化して「関東地方」とテーブル名を変更します。
    H1:H7セルをテーブル化して「東北地方」とテーブル名を変更します。
    I1:I2セルをテーブル化して「北海道地方」とテーブル名を変更します。
  7. B3セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。
    データの入力規則で、入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に、=INDIRECT("地方名") とテーブル名で指定します。
    {OK]ボタンをクリックします。
  8. C3セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。
    データの入力規則で、入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に、=INDIRECT(B3) とB3セルに表示される文字列を指定します。
    {OK]ボタンをクリックします。
  9. 元の値はエラーと判断されます。続けますか? と表示されたら、[はい]をクリックします。
  10. 2つ目のドロップダウンリストに空欄が表示されなくなりました。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016でのデータの入力|Excel 2016で連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する