Excel 2016でクイックレイアウトを利用する


スポンサードリンク


クイックレイアウトを利用する 各種グラフのレイアウト

クイックレイアウトを利用する       Topへ

  1. グラフを選択作成します。
  2. グラフツールの[デザイン]タブを選択します。
    [クイックレイアウト]をクリックすると、あらかじめ設定されたレイアウトがリスト表示されますので、適用するレイアウトをその中から選択します。
  1. クイックレイアウトのリストをポイントすると、シート上のグラフが選択に応じて変化しますので、適用後のグラフを確認することができます。
    レイアウト1をポイントした状態です。
  2. レイアウト6をポイントした状態です。
  3. レイアウト10をポイントした状態です。

各種グラフのクイックレイアウト       Topへ

  1. 縦棒グラフのクイックレイアウトは11種類準備されています。
  2. 折れ線グラフのクイックレイアウトは12種類準備されています。
  3. 円グラフのクイックレイアウトは7種類準備されています。
  4. 横棒グラフのクイックレイアウトは10種類準備されています。
  5. 面グラフのクイックレイアウトは8種類準備されています。
  6. 散布図のクイックレイアウトは11種類準備されています。
  7. 株価チャートのクイックレイアウトは7種類準備されています。
  8. レーダーグラフのクイックレイアウトは4種類準備されています。
  9. ツリーマップのクイックレイアウトは7種類準備されています。
  10. サンバーストのクイックレイアウトは6種類準備されています。
  11. ヒストグラムのクイックレイアウトは3種類準備されています。
  12. 箱ひげ図のクイックレイアウトは5種類準備されています。
  13. ウォーターフォールのクイックレイアウトは5種類準備されています。

スポンサードリンク



HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でクイックレイアウトを利用する