Excel 2016でファイルに読み取りパスワード、書き込みパスワードを設定して保護する


スポンサードリンク


パスワードを設定して暗号化する 読み取りパスワード、書き込みパスワードを解除する

パスワードを設定して暗号化する      Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. [名前を付けて保存]を選択します。
    保存するフォルダーを選択します。
  3. 名前を付けて保存 ダイアログボックスが表示されます。
    ファイルを保存するフォルダーに移動します。(フォルダーを表示します)
    ファイル名を入力します。
    下部の[ツール]→[全般オプション]を選択します。
  4. 読み取りパスワードと書き込みパスワードを入力できます。
    読み取りを禁止したいときは読み取りパスワードに入力します。パスワードが合わないとファイルを開くことができません。
    書き込みを禁止したいときは書き込みパスワードに入力します。読み取り専用で開くことができます。

読み取りパスワード、書き込みパスワードを解除する

  1. 読み取りパスワード、書き込みパスワードを設定したファイルを開きます。
    [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. [名前を付けて保存]を選択します。
    保存するフォルダーを選択します。(パスワードを解除したファイルを保存します)
  3. 名前を付けて保存 ダイアログボックスが表示されます。
    ファイルを保存するフォルダーに移動します。(フォルダーを表示します)
    下部の[ツール]→[全般オプション]を選択します。
  4. 設定したパスワードが入力された状態で表示されます。
  5. 解除したいパスワードを削除して、ボックス内を空欄にします。
    下図では読み取りパスワード、書き込みパスワードの両方を削除しました。
    [OK]ボタンをクリックします。
  6. ファイル名を入力して、[保存]ボタンをクリックします。
    パスワードを解除したファイルを保存します。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でファイルに読み取りパスワード、書き込みパスワードを設定して保護する