Excel 2016でファイルにパスワードを付けて暗号化して保護する


スポンサードリンク


パスワードを設定して暗号化する パスワードを設定したファイルを開く
設定したパスワードを解除する

パスワードを設定して暗号化する      Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. [情報]を選択します。
    [ブックの保護]をクリックして、[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
  3. パスワードを入力します。なお、パスワードは大文字と小文字は区別されます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. パスワードの確認のため、もう一度設定するパスワードを入力が必要です。
    先ほど入力したパスワードをもう一度入力します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  5. ブック(ファイル)にパスワードが設定されていることが表示されます。
    このファイルをいったん閉じてみます。[閉じる]をクリックします。

パスワードを設定したファイルを開く

  1. バックステージビューで[開く]をクリックして、パスワードを設定したファイルを選択します。
  2. パスワードを設定したファイルを開こうとすると、パスワードの入力を求められます。
    設定したパスワードを入力します。
  3. 設定したパスワードと同じなら、ファイルが開かれます。
    パスワードと異なると、下図の警告画面が表示されます。再度、ファイルを開く操作からやり直す必要があります。

設定したパスワードを解除する

  1. パスワードを設定したファイルを開きます。(上記の手順になります。パスワードが分かっているファイルのパスワードを解除する方法です)
    [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューの[ブックの保護]右[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
  2. パスワードの欄に設定してあるパスワードが表示されますので、[BackSpace]や[Delete]キーを使ってパスワードを削除し、パスワードの欄を空欄にします。
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. パスワードが解除され、ブックの保護の表示が変わりました。
  4. ファイルを上書き保存、または名前を付けて保存します。

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次|Excel 2016でファイルにパスワードを付けて暗号化して保護する