平成29年分以降用の「医療費集計フォーム」を利用する


スポンサードリンク


平成29年分以降用の「医療費集計フォーム」を利用する 入力用「医療費集計フォーム」を作成する

平成29年分以降用の「医療費集計フォーム」を利用する       Topへ

「医療費集計フォーム」を読み込ます

  1. 医療費控除の金額を入力するときには 確定申告書等作成コーナー では作成した「医療費集計フォーム」を読み込ますことになります。
  2. ファイル形式は従来の xls形式でないと受け付けてもらえませんでしたので、ダウンロードしたファイルそのままで使用する必要があります。
  3. 金額に未入力があるとエラーが出て指摘してくれました。
  4. 計算結果が表示されます。
  5. 申告用紙の医療費控除の欄に入力されます。
  6. 以上のように簡単に操作することができるようになっています。

入力用「医療費集計フォーム」を作成する       Topへ

確定申告書作成コーナーで使用する場合

医療費控除の明細書を作成するのに利用する

入力・集計用のExcelファイルを作成する

  1. 国税庁のHPからダウンロードしたファイルから、A1:J18 を選択して、新しいファイルに貼り付けます。
    ちなみに、この新しいファイルは保護されていませんので、シートを改変することが可能になります。
    なぜか8行目が非表示になっていましたので、8行目に各列の見出しを入力しました。
  2. 入力を楽にするため、医療を受けた人と病院・薬局の名称はリストから選択するようにしました。
    Sheet2のB2:B12に病院名などを入力し、E列に医療控除の対象となる人の名前を入力します。
    B2セルを選択して、[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。
  3. テーブルの範囲が正しいのを確認して[OK]ボタンをクリックします。
  4. テーブルツールタブのテーブル名に「病院名」と入力しました。(このテーブルの名前を「病院名」としました)
  5. 同様に、E2:E7セルもテーブルに変換して、テーブル名を家族としました。
  6. Sheet1のC9セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。
  7. 入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値に =INDIRECT("家族") と入力します。INDIRECT関数を使って、テーブルを指定します。
  8. ドロップダウンリストで家族の名前を選択して、入力できるようになりました。
  9. Sheet1のD9セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。
    ここでは元の値に =INDIRECT("病院名") と入力します。
  10. 病院名や薬局名を選択して入力できるようになりました。
  11. C9:D9セルを選択して、オートフィルボタンを下方向へドラッグして、書式をコピーします。
  12. 診療・治療、医薬品購入、介護保険サービス、その他の医療費は「空欄と該当する」をリストから選択できるように作成されています。
    元のファイルでは入力規則のリストが設定してありますので、同様に、M2セルに「該当する」と入力します。
    すると、下図のようにリストから空欄か該当するを選択できるようになります。
  13. B8:J18セルを選択して、[挿入]タブの[テーブル]をクリックしてテーブルに変換します。
  14. D3セルの数式はテーブルの行数に合わせて修正しておきます。以降はテーブルの行に合わせて数式は修正されます。
    D4セルの数式も同様に修正します。 D4セルは =IF(0=SUM(J9:J18),"",SUM(J9:J18)) とすればよいと考えます。
    下図はダミーデータです。日付が平成30年ですから来年用のデータを作成中・・・というイメージですので注意してください。
    今年(平成30年2月)の申告は平成29年1月〜平成29年12月分になります。

  15. 下図のように領収書のデータを入力します。
    入力規則のリストは [Alt]+[↓]キーで開くことができます。リスト内の値は[↓]または[↑]キーで選択して[Enter]キーで入力できます。
  16. 下図はデータリスト内を選択して、ピボットテーブルをSheet3に作成した例です。
    集計も簡単にできます。
    これを医療費控除の明細書に転記します。
  17. 控除額の計算は下図のような計算式で計算できます。下図はダミーデータです。
    上記のExcelファイルで支払った医療費はD3セル、補填される金額は D4セルで計算されたものを参照するか、手入力します。
    所得金額の合計額も手入力します。

スポンサードリンク



HomeExcel 2016の使い方の目次|平成29年分以降用の「医療費集計フォーム」を利用する