Excel 2016で形式を選択して貼り付けの機能


スポンサードリンク


貼り付けの操作方法 貼り付けの各機能
形式を選択して貼り付けの演算

貼り付けの操作方法      Topへ

貼り付けの各機能       Topへ

  1. 貼り付け(すべて)
    列の幅を除き 値や書式が貼り付けられています。
  2. 数式
    数式バーに表示される数式(又は値)が貼り付けられます。つまり、数値や文字列は書式などが除かれて貼り付けられます。
    下図の5,6行目の表示形式(通貨スタイル、カンマ区切り)がなくなり、7,8行目のセルの書式(塗りつぶし、罫線)がなくなっています。
  3. 数式と数値の書式
    数式と数値の書式のみが貼り付けられます。
    下図の7,8行目のセルの書式(塗りつぶしや罫線)は除かれます。
  4. 元の書式を保持(コピー元のテーマを使用してすべて貼り付け)
    下図のように通常の貼り付け(すべて)と同じ結果のようですが、テーマが関係してきます。

    見た目をコピー元と同じにするということで、コピー元に「イオン」のテーマが設定してあるファイルから一部分をコピーして、「元の書式を保持」と「貼り付け(すべて)」とで貼り付けた結果が下図です。貼り付け先のテーマは既定の「Office」です。
    つまり、「元の書式を保持」ではテーマの書式がそのままコピーされて貼り付けられます。
  5. 罫線なし(罫線の除くすべて)
    罫線が省かれて貼り付けられます。下図の8行目が異なります。
  6. 列幅を保持(列幅)
    列幅が保持された状態で貼り付けられます。列幅に関係するのはこのコマンドだけです。
  7. 行列を入れ替える
    行と列を入れ替えた状態で貼り付けられます。数式もこの位置関係が保持されています。
    コピー元の数式は=40*2+C4 と上のセルを参照していますが、貼り付け先は L3 と左のセルを参照するように変化しています。

  8. 数式は結果の値が貼り付けられます。表示形式やセルの書式は省かれ値だけが貼り付けられます。
  9. 値と数値の書式
    数式は結果の値と数値の書式(表示形式)が貼り付けられます。セルの書式(塗りつぶしや罫線)は省かれて貼り付けられます。
  10. 値と元の書式(コピー元のテーマを使用してすべて貼り付けと値の貼り付けとを合わせた機能)
    数式は無視され計算結果の値と元と同じ書式が貼り付けられます。
  11. 書式設定(書式)
    セルに設定されている書式(塗りつぶしや罫線)が貼り付けられます。セルの値は無視されます。
  12. リンク貼り付け
    コピー先のセル番地が貼り付けられます。

  13. コピー元を図として貼り付けます。
  14. リンクされた図
    図がセルとリンクされた状態で貼り付けられます。
    数式バーにはコピー元のセル範囲が表示されます。
  15. コメント
    セルに挿入されているコメントが貼り付けられます。
  16. 入力規則
    コピー元に設定されている入力規則が貼り付けられます。下図では 数値のところに設定されている入力規則のリストがコピーされています。
  17. すべての結合されている条件付き書式(Excel2010以降)
    この機能の特徴はよくわかりません。条件付き書式が貼り付けられます。
    下図は左のセル範囲をコピーして貼り付けたのち、日付を2/7〜2/12に変更したものです。
    条件付き書式で金曜日のセルを塗りつぶしています。

形式を選択して貼り付けの演算       Topへ

スポンサードリンク


HomeExcel 2016の使い方の目次Excel 2016で表を作成し、書式を整える|Excel 2016で形式を選択して貼り付けの機能