高千穂の自然や文化を知ることの出来る
高千穂河原ビジターセンターへ
ぜひお越し下さい
Climbing Route
登山ルート 登山ルート
 ただ山に登るだけでなく、いろんなルートを辿って山頂を目指すと霧島の様々な風景が見えてきます。ここでは主な登山ルートご紹介します。
 
中岳・新燃岳
コース

(入山規制中)
霧島山縦走
コース

(現在、縦走は
できません)
 
霧島山縦走コース(現在、縦走はできません)
 
 えびの高原から韓国岳(1,700m)、獅子戸岳(1,429m)新燃岳(1,421m)中岳(1,350m)を抜けて高千穂河原へ降りるアップ&ダウンの本格登山コースです。所要時間は途中休憩を取りながら6時間。かなりきつい行程ですが、動植物や自然とのふれあいやパノラマ絶景を楽しむなど、霧島の魅力を満喫することがでるコースですが、新燃岳から2km以内は立入規制中のため、縦走することはできませ。
 
 
所要時間
スタート トイレアイコン
えびの高原   標高 1,200m
 霧島登山の基地となるえびの高原。ここから登山スタート!! 5合目までは足場の悪い急坂。それを過ぎると、歩きやすい登りとなります。
次右
90分 2.5km
からくにだけ 韓国岳   標高 1,700m
 霧島山で一番高い山。遠く韓国まで見渡せるというので、この名が付いたとか。えびの高原より約1時間30分で頂上です。
   
次下
40分 1.5km
しんもえだけ 新燃岳   標高 1,421m
 中岳と獅子戸岳の間にある山で、別名「ウサギの耳」と言われています。長い休眠状態から大噴火を起こし、新しく活火山をつくったことから、「新燃岳」の名が付けられたとか。
次左
90分 3km
ししこだけ 獅子戸岳   標高 1,480m
 獅子が丸くうずくまったような形をしているこの山は、韓国から新燃岳へ抜ける縦走路にあります。
次下
   
40分 1.5km
なかだけ 中岳   標高 1,332m
 5月中旬から6月初旬は、ミヤマキリシマが一面に咲き乱れます。新燃岳と共に一番気軽に登れる山で、自然遊歩道もあります。
次右
50分 2.5km ゴール! トイレアイコン
たかちほかわら 高千穂河原  標高970m
 中岳より岩が重なる急坂を気を付けて下ります。そして、岩くずの急な斜面を一気に下って遊歩道に出て、林を抜けると高千穂河原に到着。
 
PDFをご覧頂くにはAcrobat Readerが必要です。 お持ちでない方は無料で配布されていますので、こちらからダウンロードしてください。
無償ダウンロードアクロバットリーダーダウンロードアイコン
 

高千穂河原ビジターセンター

〒899−4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583−12 TEL 0995−57−2505/自然公園財団高千穂河原支部

Update 1.January.2014 Copyright(C) Takachihogawara Visitor Center. All Rights Reserved.