高千穂の自然や文化を知ることの出来る
高千穂河原ビジターセンターへ
ぜひお越し下さい
Tensonkourin
天孫降臨 天孫降臨

天の逆鉾 霧島は日本神話の中の天孫降臨神話にゆかりが深い地です。『古事記』によれば、ニニギノミコトは三種の神器をたずさえ、天岩戸神話で活躍したアメノコヤネノミコト、フトダマノミコト、アメノウズメノミコト、イシコリドメノミコト、タマノヤノミコトの5神にともなわれて、「筑紫の日向の高千穂のくじふる嶽」に降臨しました。
 霧島山の霊峰・高千穂峰は、この天孫降臨の霊地に擬せられ、頂上には、いつのころに立てられたとの記録はないものの、神が官を営んだしるしとされる「天の逆鉾」が立っています。
 

 『日本書紀』には「日向襲高千穂峰」と峰の一字がみえますが、降臨の地はどこなのかをめぐって、宮崎県の高千穂町とする説と、霧島の高千穂峰とする説に分かれます。
 『日本書紀』の襲は、『古事記』の国生み神話にある「熊曽国」と同じで、今の熊本県の南部から鹿児島県にかけてのあたりをさす地名です。高千穂峰山頂からの眺望は素晴らしく、明和3年(1766年)、霧島に登った医者・歌人の橘南谿は、その紀行『西遊記』に、

四方豁達(かつたつ)にうちはれ、 薩隅日の三州、 一望の中に入りて、
奥州波涛の如く、 大海は青畳をしきたる如し。

と、白い煙のたつ桜島山、屋久島、種子島、開聞岳、雲仙、英彦山など、九州の主だった山並みを一望し、日向灘から東シナ海に広がる海を眺めつつ、「景色無双、筆につくしがたし」と、その素晴らしさに感嘆しています。

 高千穂峰から見る太陽は日向灘に昇って東シナ海に沈む。天孫降臨の地をめぐり霧島の高千穂峰説と、宮崎県の高千穂町説があることはさておき、「朝日の直刺す国、夕日の日照る国なり」とある『古事記』の描写は、日の出から日没まで、太陽の動きのすべてを見ることのできる高千穂峰を連想させます。
草木すらはえない鋭くとがった頂上をもつ円錐形の美しい山容と、四方を一望する眺望があいまてば、上古人でなくとも、いかにも国を統べるにふさわしい場所との思いが浮かぶことは、容易に想像できます。
 天孫降臨の地をめぐるふたつの意見は、国学の隆盛を背景に、江戸時代の文人たちも関心をよせるところであったらしく、先の橘南谿は、高千穂峰に登って、

神書にいふ山これなり。 別に近世の人の高千穂峰という山、この国(日向をさす)にあれども、ことの外小さき山にして、神話にしるせる山にあらず。
 高千穂峰といふは、この霧島山なること種々確かなる証拠あり。 この山に登るものは、おのずから知るべし。

と、登山の感激をもとに、霧島説に軍配をあげています。

 

高千穂河原ビジターセンター

〒899−4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583−12 TEL 0995−57−2505/自然公園財団高千穂河原支部

Update 1.January.2014 Copyright(C) Takachihogawara Visitor Center. All Rights Reserved.