高千穂の自然や文化を知ることの出来る
高千穂河原ビジターセンターへ
ぜひお越し下さい
Floral Calendar
花ごよみ 花ごよみ
夏の花 画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
 
 
あ行
アマクサギ
アマクサギ
くまつづら科
霧島山一帯
7月〜9月頃
落葉の小高木。葉は大きな卵形。夏に枝先に円錐状の花が咲き、白い花弁と赤いがくの対比が美しい。秋に実が藍色に熟す。海岸地では、葉も大きく両面に毛の多いショウロウクサギが普通に見られる。
イタドリ
イタドリ
たで科
霧島山一帯
8月〜10月頃
夏から秋にかけて白い花を多数つける。低地のイタドリは、高さ1〜2mで大きくゆったりしているのに対し、山頂付近のイタドリは、高さ30cmほどで低い。
イヌガンピ
イヌガンピ
じんちょうげ科
霧島山一帯
7月下旬〜8月頃
高さ50cmぐらいの落葉低木。樹皮の繊維が良質の和紙の原料となるガンピという植物に似ているが、繊維があまり強くないため製紙の原料にならない。
イワガラミ
イワガラミ
ゆきのした科
霧島山一帯
6月上旬〜7月中旬頃
茎から気根を出し岩に絡んで上に伸びることから名前がつけられた。霧島では樹木に絡んではい登っていることが多い。初夏に咲く白い花の周りには装飾花(がく片は1枚)が着いている。
イワタバコ
イワタバコ
いわたばこ科
千里が滝下流霧島神宮境内の石垣
8月〜9月頃
山地の湿った岩壁に生える植物。春に1〜2枚の大きな葉を出し、夏に紅紫色の美しい花が咲く。岩に生え、葉がタバコの葉に似ていることからこの名前がついた。
ウツギ (ウノハナ)
ウツギ
(ウノハナ)

ゆきのした科

6月中頃
高さ1〜2mの落葉の低木。白い花弁の外側はピンク色。鹿児島県内でも少なく、霧島でもなかなか見ることができない。幹の中が空になっているため空木(うつぎ)、また卯月(旧暦4月)に咲くから「卯の花」の名があるらしい。
ウツボグサ
ウツボグサ
しそ科
霧島山一帯
6月末〜7月頃
高さ10〜15cm程の多年生草本である。紫色の花が枯れると(夏枯草という)漢方薬に用いられる。ウツボグサの名前の由来は、花の集まり全体が武士が弓矢を入れて背負った靫に似ていることから。
ウバユリ
ウバユリ
ゆり科

7月下旬〜8月中頃
花が咲く頃に葉が枯れてなくなるので、これを歯(葉)がない姥に例えて付けられた名前。花が咲くのは一生に一回だけ。花を咲かせ実を結ぶと枯れてしまう。
ウラジロシモツケ
ウラジロシモツケ
ばら科
大幡池付近
6月下旬〜7月頃
この花も減少傾向にあって見る機会が少なくなっている。宮崎県側の大幡池付近で自生している。花は満開となると白い粉を振りかけたようになる。
ウラジロマタタビ
ウラジロマタタビ
またたび科

6月下旬〜7月上旬頃
落葉のつる性低木。マタタビと同じく白い花をつけるが、やく(雄しべの先の花粉袋)が暗紫色という珍しい特徴がある。サルナシにもよく似ているが、本種は全体に毛がなく、葉の裏が白い。
エゴノキ
エゴノキ
えごのき科
霧島山一帯
6月初め〜中旬頃
6月中頃に花が満開になり、木全体が真っ白になるくらいにたくさんの純白の花が垂れ下がる。名前の由来は、この果皮がのどを刺激しえごいことからだという。
オオナルコユリ
オオナルコユリ
ゆり科
霧島山一帯
6月頃
高さ50〜80cmぐらいで、薄い緑白色の3cmほどの花が茎から垂れ下がっている様子を「鳴子」に見立てて名前がついた。本種とよく似たアマドコロは、茎が角張っているので区別ができる。
オオバウマノスズクサ
オオバウマノスズクサ
うまのすずくさ科
霧島山一帯
6月中旬〜7月上旬頃
落葉のつる性低木。花は、強く反り返ったがく片のためサキソフォンに似た形をしている。そして、実は球形ではなく長さ5cmぐらいの長楕円形である。
オオバノトンボソウ
オオバノトンボソウ
らん科
霧島山一帯
7月〜8月頃
登山道脇や林内で散見される。トンボソウの仲間は花の形がトンボに似ているので名前がつけられているが、これは葉が大きい。葉の小さいのはコバノトンボソウと呼ばれる。
オオヤマオダマキ
オオヤマオダマキ
きんぽうげ科
韓国岳〜大浪池鞍部 大浪池山頂火口周縁
7月〜8月頃
花の形を麻糸を巻く用具(オダマキ)に見立て命名された。鹿児島県ではここ霧島のみに生育し、個体数が減少傾向にある。下向きに咲く花の基部が後ろへ管状に伸びている距(蜜を貯める所)が特徴。
オオヤマレンゲ
オオヤマレンゲ
もくれん科
韓国岳麓 硫黄山北側林内 大浪池火口
6月〜7月初め頃
落葉の低木で、枝先に直径6cmの純白の花が1個、やや下向きに咲く。花弁は6〜9枚で、芳香がある。深山にひっそりと咲いている。
オカトラノオ
オカトラノオ
さくらそう科
霧島山一帯
6月末〜7月頃
高さ60〜90cmほどで、日当たりの良い草地に生育している。茎の先に白い小花が多数集まって穂状になり、曲がっている。この様子を虎の尾に見立てて、この名前がついた。
     
か行
キガンピ
キガンピ
じんちょうげ科
霧島山一帯
7月末〜10月初め頃
高さ1m程の落葉する低木。葉の先に黄色い小さな花をたくさんつける。名前は、花が黄色でガンピに似ていることからついた。
キクバヒヨドリ
キクバヒヨドリ
きく科
霧島山一帯
8月〜10月頃
ヒヨドリバナの仲間。茎の下部につく葉の切れ込みが深く、茎の葉に似ていることからこの名がついた。白い花で華やかさはないが、霧島山各地で見ることができる。
キスゲ (ユウスゲ)
キスゲ
(ユウスゲ)

ゆり科
吉松町沢原高原
7月〜8月中頃
芳香のある優雅な花は夕方開き、翌日の午前にはしぼんでしまう。そのため、ユウスゲともいう。産地も少ないが、鹿児島県で唯一の群生地である。
キヌガサギク
キヌガサギク
きく科
霧島山一帯
6月〜9月頃
6月に麓の方から咲き始め、上の方では9月頃まで花を見られる。高さ50cm〜80cmぐらいで、全体があらい毛で覆われていてザラつく。別名アラゲハンゴンソウともいう。
キヨスミウツボ
キヨスミウツボ
はまうつぼ科
小池付近
6月中旬〜下旬頃
御池のすぐ隣にある小池一帯に分厚く落ち葉が堆積し、そこにこの白い寄生植物の一群がある。霧島ではとても珍しい植物。千葉県の清澄山で最初に発見されてこの名がついた。花が黄色みを帯びるため黄筒花の別名もある。
キリシマグミ (クマヤマグミ)
キリシマグミ
(クマヤマグミ)

ぐみ科
高千穂河原周辺・中岳登山道・高千穂峰登山道
4月〜5月頃に花6月上旬に実が赤くなる
高さ1〜2mぐらいの落葉低木。4月初め頃から地味な花が咲き、6月上旬に直径1cm程の実が真っ赤に熟す。果肉が厚く甘くて美味しい。
ケアクシバ
ケアクシバ
つつじ科
霧島山一帯
8月頃に花 秋には実
広葉樹林の中で花を咲かせる数十cmの落葉低木で気を付けないと見落としてしまうほど。花は開くと花びらはくるりと巻くように反り返る。ケアクシバの名称の由来には諸説があり、アカワンノキ・ハナシキビなどとも呼ばれる。
コオニユリ
コオニユリ
ゆり科

7月中頃〜8月初め頃
黄だいだい色の花が咲く。茎に黒紫色の球形のむかごがつくものと全くつかないものがある。むかごがつかないのがコオニユリで、つく方がオニユリである。
コガクウツギ
コガクウツギ
ゆきのした科
霧島山一帯
コガクウツギ
5月下旬〜6月中旬頃
高さ1m以下の落葉の低木。白い花弁に見えるのはがく片で、装飾花といわれるものである。葉が、紺色に光るということから別名コンテリギという。
コクラン
コクラン
らん科
霧島山一帯
6月末〜7月中旬頃
エビネ等と同じラン科の花だが、花に華やかさがないためか、あまり目立たない。6月末頃から暗紫色の花が咲き、その花の色からこの名がついた。
ゴトウヅル
ゴトウヅル
ゆきのした科
霧島山一帯
6月頃
落葉のつる性植物で、イワガラミとよく似ているが自生が少なく見る機会は多くない。別名をツルアジサイと呼ばれるように周りの装飾花が3〜4枚あってアジサイに似る。
コナスビ
コナスビ
さくらそう科
霧島山一帯
5月〜7月
茎の高さは10cmほどで、茎や葉には毛が生えている。名前は、小さな果実の様子がナスの実に似ていることから。霧島には、花や葉が一回り大きいオニコナスビもある。
コバギボウシ
コバギボウシ
ゆり科
えびの高原キャンプ場 高千穂河原キャンプ場
7月末〜9月頃
日当たりの良い湿地に生育する。高さ30cmほど。長さ約4cmほどの薄青紫色の花が横向きに咲く。つぼみの形を、橋の欄干についている擬宝珠に見立てて、この名がついた。
コバノクロヅル
コバノクロヅル
にしきぎ科
霧島山一帯
7月下旬〜8月頃
枝先がつるになって長く伸びるのが特徴。ノリウツギとよく似ているが、ノリウツギは葉が対生するのに本種は互生する。夏に小さい白い花をたくさんつける。この茎は、登山用の杖に加工されている。
コマツナギ
コマツナギ
まめ科
霧島山一帯
7月中旬〜下旬頃
名前は本種の根が強いため、これに馬をつないでも大丈夫という意味かららしい。夏に、赤紫色の花が咲き、秋にさや状の実が垂れてつく。
 
 

高千穂河原ビジターセンター

〒899−4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583−12 TEL 0995−57−2505/自然公園財団高千穂河原支部

Update 1.January.2014 Copyright(C) Takachihogawara Visitor Center. All Rights Reserved.