高千穂の自然や文化を知ることの出来る
高千穂河原ビジターセンターへ
ぜひお越し下さい
Floral Calendar
花ごよみ 花ごよみ
春の花 画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
 
春の花 の花
 
 
 
 
あ行
アオモジ
アオモジ
くすのき科
手洗林道
3月〜4月頃
つぼみの頃「ミノハナ」と呼ばれ、よく墓前に飾られる。幹に強い芳香があり、爪楊枝や香水の材料となっている。雄雌異株の落葉高木で、幹や枝は緑色を帯びている。この木は、霧島では、めっきり数が減っている。
アケビ
アケビ
あけび科
千里が滝の下流渓谷
4月頃に花 10月頃に実
落葉のつる植物。葉の間に青紫色の美しい花が房状に垂れ下がって咲く。実は秋に熟し、縦に開く。中身は、甘い半透明な果肉につつまれた黒い種子。
イワニガナ (ヒメジシバリ)
イワニガナ
(ヒメジシバリ)

きく科
霧島山一帯
4月〜7月頃
ルーペで花弁の先を見ると5つの小さな切れ込みがあり、これはタンポポの仲間の特徴。このような花は、茎や葉を切ると白い乳液のような汁が出る。
ウマノアシガタ (キンポウゲ)
ウマノアシガタ
(キンポウゲ)

きんぽうげ科
霧島山一帯
5月末〜6月中旬頃
ウマノアシガタよりキンポウゲの方が馴染みがある。霧島では、初夏の頃に光沢のある黄色い花びらが群れて咲く。毒草だが人々に親しまれている。
エビネ
エビネ
らん科
5月頃
昭和40年代の中頃までは、エビネの群生地に出会うことが度々あったが、エビネのブームにより日本中の山からエビネが消えた。霧島でも、時々見かける程度。花の柄がぐるっとねじれているのがラン科の特徴だが、エビネの花の柄もねじれて半回転している。
オオカメノキ (ムシカリ)
オオカメノキ
(ムシカリ)

すいかずら科
えびの高原一帯・韓国岳登山道周辺
4月〜5月頃に花 秋に実
落葉の低木。花は、周りに白い大きな装飾花、中心に小さな両性花が多数ある。枝から出た数cmの枝先に、長さ10cmぐらいのハート形の葉が2枚ずつある。
オオニガナ
オオニガナ
きく科
霧島山一帯
5月中旬〜6月頃
霧島の5月の野辺は色々な草花が登場するが、オオニガナもキンポウゲと同じ頃に、登場する。本種よりやや小型のニガナは山中に多い。
オガタマノキ
オガタマノキ
もくれん科
霧島神宮境内
2月中旬〜3月中旬頃に花 10月頃に実
オガタマは神霊を招く意味の招霊(おきたま)が転じたものとされている。寒さの厳しい2月中頃から白い花を咲かす。葉は厚く、表は光沢が有り、裏はやや白っぽい。
オトコヨウゾメ
オトコヨウゾメ
すいかずら科
霧島山一帯
5月中頃に花 秋に実
落葉する低木。この木の仲間にはガマズミやオオカメノキがあるが、花も実も垂れ下がるという特徴を持っている。かすかに紅を帯びた小さな花には優しさが感じられる。
     
か行
カキドオシ (カントリソウ)
カキドオシ
(カントリソウ)

しそ科
霧島神宮付近
4月頃
花の頃は茎は立っていたが、花が終わると倒れつる状になって地面を這う。長く伸びた茎が垣根も通り越すのでこの名が付けられた。薬草としても利用される。
カナクギノキ
カナクギノキ
くすのき科
霧島山一帯
4月〜5月頃に花 10月頃に実
落葉小高木で霧島全山でみられる。花は黄色のつぼ形で枝の先端にびっしりと着ける。晩秋には赤く熟した実が美しい。名前の由来は「鹿の子木」から転じたものといわれている。
カマツカ
カマツカ
ばら科
高千穂河原〜新湯
5月中旬〜6月初め頃に花 秋に実
落葉の小高木。春に、枝先に白い10数個の小花が集まって咲く。葉の縁には、微細な鋭い鋸歯がある。名前の通り、鎌などの柄に利用されてきた。
キブシ
キブシ
きぶし科
霧島山一帯
3月下旬〜4月中旬頃
落葉する低木。この花の特徴は、淡黄色の花が房状に垂れ下がり、鈴形で半開の状態で咲くことである。葉は、裏が白っぽい。
キリシマエビネ
キリシマエビネ
らん科
5月頃
このキリシマエビネは、エビネの基本種の一つ。霧島で最初に発見されたので、この名前がついたのだが、今では霧島でこの花を見つけるのは、とても難しい。白〜淡紫色の花が半開きで下を向いて咲くのが特徴。
キリシマテンナンショウ (ヒメテンナンショウ)
キリシマテンナンショウ
(ヒメテンナンショウ)

さといも科
高千穂河原付近
5月〜6月中頃
高千穂河原付近の山林中の日陰に多い。ほぼ地面付近から紫色の花が咲く。高さは20cmぐらい。葉が枯れた後に、実がなる。
キリシマミズキ
キリシマミズキ
まんさく科
えびの高原
4月中頃〜5月中頃
春の霧島を代表する花。九州では、霧島でしか見られない。
黄色の花が房状にまとまって咲き、かすかな芳香もある。
キリシマミツバツツジ
キリシマミツバツツジ
つつじ科
新湯〜新燃岳登山道
4月末〜5月中旬頃
落葉の低木。ミヤマキリシマより少し先に花が咲く。枝先に3枚ずつ、ひし形の葉がついている。コバノミツバツツジとよく似ているが、コバノミツバツツジは、花弁に濃い斑点があるが、キリシマミツバツツジには斑点がない。
ギンリョウソウ
ギンリョウソウ
いちやくそう科
霧島山一帯
5月中頃〜6月頃が最も多い
腐生植物で、葉緑体を持たず、体全体が真っ白。白蝋のような光沢と、タツノオトシゴに似た形を竜に見立てて銀竜草の名前がついた。また、体全体が淡紅色のベニバナギンリョウソウもある。これは、少なくて珍しい。
クサボケ
クサボケ
ばら科
中岳登山道
4月に花 8月〜9月頃に実
鹿児島県では唯一霧島のみが生育地。特に中岳登山道一帯には多い。高さ30cmほどの落葉の低木。大方、ミヤマキリシマと混生する。春先に朱色の花をつける。果実は、黄色くて直径2cm程の大きさ。かじると酸っぱい。
コイワカガミ
コイワカガミ
いわうめ科
5月中頃〜6月中旬頃
高山性の多年草。薄紅色の花弁の先は、細かく切れ込まれている。葉は、円形で直径4cmほど。葉の表面の光沢が強く、鏡のようだということでこの名前がついた。
コイワカンスゲ
コイワカンスゲ
かやつりぐさ科
霧島全山山頂付近
5月頃に穂
霧島全山の山頂付近の岩場に密生している。特に、馬の背を越えた辺りの斜面は、築庭を思わせるような素晴らしい景観が広がる。春には、一斉に茶褐色の穂を出す。
コショウノキ
コショウノキ
じんちょうげ科
高千穂河原付近
3月頃
高さ1m弱の低木、早々と花が咲き、芳香があり純白である。また、花の外側に微細な毛がある。真っ赤に熟した実をかむと辛いので「胡椒の木」というが、有毒なので要注意。
コツクバネウツギ
コツクバネウツギ
すいかずら科
霧島山一帯
5月下旬〜6月中旬頃
高さ1〜2mの落葉の低木。長さ1〜2cmの葉が対生し、初夏に淡黄色〜白色の花が咲く。鹿の好物らしく、よく食べられている。
コバノガマズミ
コバノガマズミ
すいかずら科
霧島山一帯
5月頃に花 9月〜11月頃に実
落葉の低木。葉柄の付け根付近に線形の短い托葉があることで、似ている仲間と区別できる。霧島山一帯で見られる落葉の低木で、葉の小さいガマズミという意味である。
コバノトネリコ
コバノトネリコ
もくせい科
大浪池山頂付近
5月中頃
落葉小高木。春に小さな白い花を密生する。大浪池山頂付近に多い。別名をアオダモという。野球のバットやテニスのラケットの枠として利用され、プロ野球選手もこの木の植樹に協力している。
コバノミツバツツジ
コバノミツバツツジ
つつじ科
新燃岳登山道・大浪池登山道
5月上旬〜中旬頃
落葉の低木。キリシマミツバツツジ同様、葉は枝先に3枚つく。花の時期も同じで、花弁の一枚に斑点があることで区別をするので、遠くから見ると区別がつかない。
コミヤマスミレ
コミヤマスミレ
すみれ科
御池付近
5月頃
春に白い小さな花をつけるが、花についているがく片が反り返るという特徴がある。また根から芽を出して増えるという性質もある。葉の裏は紫色で、フモトスミレと同じだが、コミヤマスミレには葉の表面や花柄に毛がある。
   
 

高千穂河原ビジターセンター

〒899−4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583−12 TEL 0995−57−2505/自然公園財団高千穂河原支部

Update 1.January.2014 Copyright(C) Takachihogawara Visitor Center. All Rights Reserved.