高千穂の自然や文化を知ることの出来る
高千穂河原ビジターセンターへ
ぜひお越し下さい
Floral Calendar
花ごよみ 花ごよみ
秋の花 画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
 
 
あ行
アカマツ
アカマツ
まつ科

春の花が翌年秋はマツカサに。
葉はクロマツに比べて柔らかく、樹皮は薄くはげる。別名、女性的な松の意味でメマツともいう。
アキグミ
アキグミ
ぐみ科
霧島山一帯
5月頃白い花 10月頃に実が赤く熟す
文字通り秋に実が赤く熟すのでアキグミの名がついた。葉の裏は銀白色。実は球状で食べられる。いつ食べても、酸味と渋みが強い。
アキノキリンソウ
アキノキリンソウ
きく科
霧島山一帯
9月〜10月頃
高さ20〜30cmぐらいで、9月中頃、茎の先に黄色い穂状の花が咲く。名前の由来は、秋に咲くキリンソウに似ている植物ということからである。
アケボノソウ
アケボノソウ
りんどう科
御池側高千穂登山道
9月末〜10月頃
花弁には細かい黒点がちらばり、中央部には黄緑色の斑紋がある。この斑紋から甘い蜜を分泌しており、この位置に蜜腺を持っている花は他に例がない。この花の色と細点を明け方の星空に見立てて「曙草」の名がついた。
イイギリ
イイギリ
いいぎり科
霧島神宮から新湯の間
5月頃に白い花 秋に実が真っ赤に熟す
この木は、幹が直立し枝が放射状に張り出す。昔、この木の葉でご飯を包んだから「飯桐」と呼ばれるようになったらしい。10月頃に落葉するが垂れ下がった穂状の真っ赤な実はそのまま残る。ヒヨドリの格好のエサである。
イソノキ
イソノキ
くろうめもどき科
えびの高原付近
8月頃に花 9月〜10月頃に実
夏に咲く緑黄色の花は地味で目立たないが秋の実は赤熟して鮮やかである。この実は青→赤→黒と成熟に応じて色を変え、移行期には赤い実と黒い実が混在してとても美しい。イソノキのイソ(磯)は水辺という意味。
イナカギク
イナカギク
きく科
霧島山一帯
9月〜11月頃
秋の野山でごく普通に見かける野菊の一種。高さは30〜50cmほど。名前は文字通り田舎の山野に咲く菊ということからついた。
イヌウメモドキ
イヌウメモドキ
もちのき科
えびの高原付近・中岳
6月頃に花9月〜10月頃に実
花も果実も盛りの時期には、びっしりとつく。真っ赤に熟した果実は、観賞用として庭木にも用いられる。葉の形が梅の葉に似ているからこの名がついた。
イロハカエデ
イロハカエデ
かえで科
霧島山一帯
4月〜5月頃に花 9月〜10月頃に実
葉が7つに切れ込み、それがイロハニホヘトに当てはまるから、この名がある。色を揉み出すようだからモミジと呼ぶらしい。
ウド
ウド
うこぎ科
林田付近から上の道路脇
8月〜10月頃
林道脇などの明るいしげみでよく見かける。大型の多年生草本。山菜として若芽や茎を食べる。果実は黒く熟して、少し甘みがある。
ウメバチソウ
ウメバチソウ
ゆきのした科
霧島スカイライン沿い
10月中旬〜下旬頃
一重咲きの梅の花を正面から見た図案の紋所を梅鉢というが、花の形がそれに似ているためこの名がついた。高さ30cmほどで花茎がすっと伸び、その先に梅の花に似た直径約2cmの白い花が1つ咲く。
ウリハダカエデ
ウリハダカエデ
かえで科
霧島山一帯
5月頃黄色い花 9月〜10月頃に実
葉は割りと大きく、切れ込みは浅い。また、実が房状にたくさんついて垂れ下がるというのも特徴的。名前は、樹皮の色がウリみたいに緑色をしていることからついた。
エンコウカエデ
エンコウカエデ
かえで科
霧島山
4月〜5月頃に花 8月〜9月頃に実
霧島にあるカエデの中では少ない方。特徴は、葉の切れ込みが深いこと、葉には鋸歯がなくつるっとした感じであること、歯の先端が細長く伸びるような形をしていること、歯柄が長いことなど。手長ザルの手を思わせることから「猿猴カエデ」の名がついたらしい。
オオマルバノテンニンソウ
オオマルバノテンニンソウ
しそ科
霧島山・千里が滝・大幡池付近
10月中頃
鹿児島県では霧島の他に、ごく限られたところだけに生育する。通常群生し、高さは30〜50cmとなる。別名ミカエリソウともいう。ブラシ状のかわいい花である。
オオモミジ
オオモミジ
かえで科
霧島山一帯
4月〜5月頃に花 7月頃に実
霧島では極めて少ない種類である。葉の鋸葉は一重で、よく似ているイロハカエデは二重なので区別しやすい。同じ木の枝でも日当たり具合などで染まり方が違うところが面白い。
オトコエシ
オトコエシ
おみなえし科
霧島山一帯
8月末〜9月頃
オミナエシと対をなす野草で、白い地味な花、太い茎、大きな葉、などからオトコの名がつけられた。この花は、林縁や林下、登山道脇などで良く目にすることができる。
オミナエシ
オミナエシ
おみなえし科
霧島山一帯
9月〜10月頃
万葉の時代から日本人に愛されてきた野草。秋の七草のひとつ。黄色の花をアワやキビのご飯に見たてた。女飯(オミナメシ)が語源とされている。この花を見ることもだんだん少なくなってきている。
     
か行
キセワタ
キセワタ
しそ科
霧島山一帯
9月頃
山地の木陰に生える。高さは30cmから40cm程で、茎の稜には下向きの白い毛が密生している。花弁にもルーペで見ると白い毛が密生している。それで、綿を着せているような花ということで「着せ綿」の名がついた。
キッコウハグマ
キッコウハグマ
きく科
大浪池登山道
10月〜11月頃
大木で覆われているようなやや暗い林内によく生える多年草。この花はつくりに特徴がある。一見して一輪の花に見えるこの花は、実は5枚ずつの花弁を持つ3個の小花の集まりである。
キリシマシャクジョウ
キリシマシャクジョウ
ひなのしゃくじょう科
霧島神宮〜高千穂河原の雑木林
9月〜10月頃
腐生植物で、葉緑素を持たないので体は白く、腐葉土の養分を分解して生育している。高さ10cmほどの花茎の先に5mmほどの小さな白い花が咲き、先端は薄黄色である。
キリシマノガリヤス
キリシマノガリヤス
いね科
えびの高原硫黄山岩場一帯 韓国岳登山道
8月末頃に穂
葉は長く幅3〜8mmで葉質は厚い。イネ科の多年草で華やかさはなく地味であり、硫黄山の登山口の岩場一帯が主たる生育地である。岩場に生育する性質があるらしい。
キリシマヒゴダイ
キリシマヒゴダイ
きく科
霧島山一体の登山道沿い
9月中頃〜10月初め頃
高千穂河原から中岳に向かう登山道等でよく見かける。高さ30cmほどで、アザミに似た感じの優しい花である。
クサアジサイ
クサアジサイ
ゆきのした科
霧島神宮裏山・千里が滝付近
8月末〜10月初め頃
アジサイ→ヤマアジサイ(サワアジサイ)と咲き終わり、秋に入って咲くのがクサアジサイ。湿った山地に多く名前のように草丈ほど(20cm位)のアジサイ。
ケナシアオハダ
ケナシアオハダ
もちのき科
霧島山一帯
6月頃白い花9月〜10月に実
落葉小高木で、短枝が発達することが特徴である。短枝とは、枝から分岐した小枝の節間がつまって、コブ状のゴツゴツした短い、短縮された枝をいう。本種は、葉も赤い実も短枝の先につくので、見分けやすい。
ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
ふうろそう科
霧島山一帯
9月〜11月頃
昔から下痢止めの薬として使われている。効果てきめんということから「現の証拠」という名がついた。花が終わった後には長くて尖った実が残り、黒く熟すと開裂する。その形が神輿に似ていることからミコシグサの別名もある。
コシオガマ
コシオガマ
ごまのはぐさ科
霧島山
10月頃
草原や日当たりのいい草地に生える一年草。数が少なくめったに見ることができない。ピンクのかわいらしい花が咲く。
コハウチワカエデ
コハウチワカエデ
かえで科
霧島山一帯
5月頃に花 7月〜9月頃水平に開いた翼果
霧島のカエデの中では、最も多く紅葉の主力である。葉は手のひら型に7〜9裂する。ハウチワは羽根で作った天狗のうちわに例えたもの。
コバノボタンヅル
コバノボタンヅル
きんぽうげ科
霧島神宮付近
9月頃
9月頃に大きめな白い花が咲く。本種の葉は、3枚の小葉に分かれ、その小葉に切れ込みが入り、また小さく分かれている。これを3出2回複葉という。
コミネカエデ
コミネカエデ
かえで科
霧島山
6月〜7月頃に花 8月〜10月頃に実
霧島の紅葉の主役の1つ。葉はほぼ5裂するが、特に真ん中の3つの裂片の先端部が尾状に鋭く伸びる特徴がある。このカエデは、霧島には多い。
ゴンズイ
ゴンズイ
みつばうつぎ科
霧島の道路沿い
5月〜6月頃に花 9月〜10月頃に実
6月頃に咲く花は地味だが、夏以降には果実が目立つ。赤い実がはじけると、黒光りのする種子が現われる。色の対比が美しい。名前は魚のゴンスイからきたらしい。
     
 

高千穂河原ビジターセンター

〒899−4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583−12 TEL 0995−57−2505/自然公園財団高千穂河原支部

Update 1.January.2014 Copyright(C) Takachihogawara Visitor Center. All Rights Reserved.