川内市医師会の主要事業

1 救急医療および地域連携パス(脳血管障害、心筋梗塞、がん、糖尿病等)

地域の救急医療を守るため2次輪番施設の住民公表、医師会立市民病院と済生会川内病院を中核とした会員施設との医療連携に努めています。

2 川内市医師会川内看護専門学校

医師会が看護学校を経営、地域の看護スタッフを養成しています。

3 訪問看護ステーション、在宅医療支援センター、居宅介護支援事業所

訪問看護師、社会福祉士、介護支援専門員が医師、歯科医師、薬剤師、介護関連事業者と連携しながら、在宅療養に関する相談を受けています。 
   

4 北薩地域産業保健センター

労働者数50名未満の事業所を対象に、就業判定、生活習慣病の指導、メンタルヘルスについて、無料相談に応じます。
 

川内市医師会の沿革

明治24年 北薩医会(薩摩郡と高城村)
明治39年 薩摩郡医会に名称変更
昭和15 年 川内市医師会誕生(川内支部独立)
昭和22年 新生川内市医師会
平成25 年公益社団法人 川内市医師会