|会社案内|お問合せ|

 
  トップページ 施工プロセス 住まいづくり 施工例 健康住宅 当社の標準品質  






 これまでの家

       
  アレルギー疾患を招くカビ    
 高温多湿の日本はカビが発生しやすい気候風土です。特に梅雨期は「カビがつきもの」と考えられてきました。しかし最近では、年間を通してカビが発生する可能性が高まっています。冬場でも室内に結露を起こすことが多くなり、その結露がカビの温床になるからです。
     
     ●室内に結露する。 室内の結露にカビが発生する。  カビを栄養源としてダニが発生する。  
       
  冬のヒートショック    
 暖かい部屋から寒い部屋へ移動した時に起こりやすいのが「ヒートショック現象」。急激な温度差を抑える配慮が必要です。  
     

 エアサイクルの家

       
  部屋ごとの温度差をなくす    
 家の中に温度差があると、暖かい部屋から冷たい部屋へ移動した時に血圧が上がったり、脳卒中を起こしたり、健康な人でも風邪をひくことがあります。赤ちゃんやお年寄り、冷え性の方には、温度差は相当体にこたえるものです。
 「エアサイクルの家」は、太陽の当たる部屋や廊下の温かさを冷たい側へ、日中の温かさを夜間に廻し、温度差の少ない快適な住まいをつくります。
 
     









 
 

TOP施工プロセス住まいづくり施工例健康住宅長期優良住宅会社案内お問い合わせ

Copyright(C) 2010 Miyazato Koumuten Ltd All Right Reserved