ドラゴンクエストNET情報
[戻る]

ドラゴンクエスト小説を読もう♪


日ごろ漫画しか読んでいない皆さん、たまには活字を読みましょう笑(^−^

本というのは頭のビタミンです!あなたの想像力、文章力をつけ頭の回転が速くなります☆
でも活字・・・・読みたくないですね〜普通。w
「○○○殺人事件」、「○○○物語」あー見ただけで読みたくないですね(笑

漫画を見るもよしGAMEするもよしインターネットするもよしです。
でも一日30分・・・いや13分(中途半端だな)はたまたトイレに入ってる時間だけでもいいです。
よく知ってるゲームの小説ならあまり抵抗も無く読めるでしょうし、
一度1冊の本を読んで見てはいかがですか?☆(^-^


楽天ブックス[160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]


タイトル 作者 紹介
小説ドラゴンクエスト1 高屋敷英夫
「大人になったら竜王を倒すんだ!」それが少年の口癖だった。
そして十五歳の誕生日―「よくぞ現れてくれた!勇者ロトの血をひく者よ!」
ラルス十六世はアレフを見つめ、万感を込めて叫んだ。

 
小説ドラゴンクエスト2
-悪霊の神々-
高屋敷英夫
『ムーンブルク壊滅・国王以下全員討死』その報を聞いたアレンは、
一人城を抜け出し旅立った。勇者ロトとアレフの血をひきし三王家の王子たちよ、
大神官ハーゴンを倒し、悪霊の神々の陰謀を阻止せよ。

 
小説ドラゴンクエスト3
-そして伝説へ・・・-
高屋敷英夫
精霊ルビスの啓示を受けし賢者の時代から800年。
人々が予言を忘れて久しいころ、それはやってきた。
魔王バラモスが。―そして今、伝説の幕があがる。

 
小説ドラゴンクエスト4(1)
-導かれしひとびと-
久美沙織
バトランドの王宮戦士であるライアンは無益な殺生は好まず、変わり者扱いされる孤独の身の上だった。
そのころ魔界ではピサロが権力を握り、世界を闇に包みこもうとしていた。
ピサロは成長しつつある「勇者」を恐れ、力で押さえつけようとしていた。
ライアンは今はまだ幼い勇者たちを探し出し、補佐する運命を感じ、たったひとりで旅に立つ。
サントハイムの王女アリーナはまだそのさだめを知り得なかった…。

 
小説ドラゴンクエスト4(2)
-導かれしひとびと-
久美沙織
レイクナバにトルネコという名のひとりの男がいた。
もともとは穏やかな気性だが破邪の剣を手にしたとたん、
幼き日の夢、世界一の武器屋になることを果たすため、エンドールへと旅立つ。
やがて彼はエンドールとブランカを繋ぐトンネルを作るために尽力することに…。
一方、踊り娘マーニャと占い師ミネアの姉妹は、街から街へと渡り歩くジプシー生活を続ける。
父エドガンの仇を討つという、真の目的を持ちながら…。
…「勇者」たちがそれぞれの思いを抱きつつ、次々に登場。

 
小説ドラゴンクエスト4(3)
-導かれしひとびと-
久美沙織
「予言された八人」は、今、かの忌まわしいキングレオ城に、一堂に会した。
勇者ユーリルのもとに集まった彼らは、天空城を目指して、数々の試練に立ち向かっていく。
果たして世界の平和を守り抜くことができるのか?光と闇の最終決戦の時は、刻一刻と迫りつつある…。
伝説の勇者たちの偉業の全貌が語られるときが、遂にやって来た!
…待望の人気シリーズ、いよいよここに堂々の完結を迎える。

 
小説版ドラゴンクエスト5(1)
-天空の花嫁-
久美沙織
長期におよんだ船旅を終えて、父パパスとともに、久しぶりに故郷サンタローズに帰ってきたリュカ。
「ぼくは、お父さんみたいに立派な人間になるんだ」。
彼の決意は父と子の絆のように強くて、かたいものだった。
サンタローズでは、懐かしい人々たちとの再会が待っていた。
しかし、胸を躍らせた夢のような時間はあっという間に過ぎ去り、少年は再び長く険しい冒険へと、父とともに旅立った…。
リュカの幼年時代の大いなる旅を、克明に記すシリーズ第一巻。

 
小説版ドラゴンクエスト5(2)
-天空の花嫁-
久美沙織
あの旅立ちから十年が過ぎ去っていた。過酷な試練の日々は、リュカを逞しい青年へと成長させていた。
苦しみを共に分かち合ったラインハット王子ヘンリーと旅を続けるうちにリュカは新たな自分の姿に気づく。
魔物使いとしての力を備えてきたことに…。新たな仲間たちとの出会い、そして別れ…。
勇者を捜し求めて、新大陸へと旅はまだまだ続く。青年時代のリュカを描く、圧倒的なスケールの第二弾。

 
小説版ドラゴンクエスト5(3)
-天空の花嫁-
久美沙織
グランバニアはふたつの大きな喜びに沸き立っていた。
ひとつは王の血をひくリュカの即位に。もうひとつはティミーとポピーという愛らしい双子の誕生に。
しかし、妻ビアンカと子供たちとの安穏な暮らしは長くは続かなかった。
…八年の後、成長した我が子たちとともに、母を取り戻すためにリュカは再び戦いへと身を投じていく…。
それは邪悪な者たちの数々の陰謀に果敢に挑む冒険の旅。真実の幸福とは何か?一大冒険記第三弾、ここに完結。


小説版ドラゴンクエスト6(1)
-幻の大地-
久美沙織
『ラーの予言書』は語る。「しかるべき夜、その若者の妹は、光の冠をおし戴き、
山の精霊であるあのかたの深き思いを告げるだろう」精霊さまのおわす神秘の山に最も近いと言われるライフコッド村で、
妹ターニアと静かに暮らしていた青年の生活は、収穫祭の夜、
ターニアの口を借りて山の精霊が告げた言葉によって、大きく変わりはじめた。予言されし世界を救う若者の名は…イザ。


小説版ドラゴンクエスト6(2)
-幻の大地-
久美沙織
「…これはまだ始まったばかりだ…」魔王ムドーが残した最後の言葉は、イザたちに休息を許さなかった。
別の魔王の気配を求めて再び冒険の旅に出た一行は、各地でさまざまな人間や魔物に出会う。
ダーマの神殿で魔物使いになる道を選んだイザは、戦いの意味について考えはじめるが…。
イザの力で次々と仲間を増やしながら、予言の戦士たちは二つの世界を駆け巡る。

 
小説版ドラゴンクエスト6(3)
-幻の大地-
久美沙織
決戦を前にアモスや魔物たちと別れたイザたち。そして、旅の途中何度か出会った剣士テリーが加わった一行六人を、
大賢者は「予言されし者たち」と呼んだ。一方、大魔王はとろとろと蜜を垂らすような声で「すべてはおまえのためだったのだ」
と囁きかける。運命の歯車は着実に回り続けていた…。
二つの世界の『はざま』にひそむは大魔王デスタムーア。予言されし者たちよ、魂のすべてをかけて悪を討て。


小説ドラゴンクエスト7
-エデンの戦士たち少年、世界を開き-
土門弘幸
none
小説ドラゴンクエスト7
-エデンの戦士英雄、希望を拡げ-
土門弘幸

失われし世界の姿を求めし者よ。世界は四つの源に分かれ、その姿を今に残す。
在るべきものは、在るべき所へ。世界は真の姿を現す。
時空を越え、希望を拡げろ!少年たちの足跡は語り継がれ、英雄伝説に。ドラゴンクエスト7小説シリーズ第2巻。


小説ドラゴンクエスト7
-エデンの戦士勇者、楽園に至る-
土門弘幸
小さな島から始まった物語、ついに完結!第21章「連環の末裔」から最終章「世界が求め続けるもの」を収めた第3巻。

紹介文:from楽天ブックス