本文へスキップ

自主・創造・博愛


カウンタ

コンセプト学区概要 OUTLINE

校区の概要について

1 霧島市牧園町の沿革
本町は天孫降臨の地として文化は早くから拓け、のちクマソの地方として踊郷を称した。
明治22年、町村制実施に伴い従来の踊郷の名を廃して宿窪田村・三体堂村・万膳村・ 下中津川村・上中津川村・持松村の6か村を六大字に統一してこれを牧園村と改称した。 昭和15年4月1日町制を 実施し、昭和22年9月1日、下中津川の飛地を大字高千穂と改称し、七大字とした。
平成17年11月7日に姶良郡1市6町が合併し、霧島市となり、霧島市牧園町となった。
2 霧島市牧園町の位置
北緯31度53分、東経130度49分
牧園町は鹿児島県のほぼ東北部(鹿児島市より東北49.1km)霧島火山群の山麓にある。
西に天降川を境として、横川町、南は隼人町、国分に隣接し、東は霧島町と宮崎県、 北は霧島山頂をふくむ宮崎県、湧水町に接している市内最大の面積をもつ町である。 町全体が霧島山系の裾野地帯にあり、その南に向かって下る山脈の間に、 万膳、三体、高千穂、中津川、持松、牧園の小学校が存在する。
3 霧島市牧園町の面積及び地勢
面積129.48平方キロメートル、東西にせまく南北に長い菱形となっている。 霧島火山群の南西斜面の裾野は遠く延び、標高600〜200mに火山噴火物で原野を構成しており、 北東部が高く、東西部が低い。この波状高地の地形は急峻で複雑な様相を呈している。
面積の約78%が山林牧野で耕地は約14%である。
霧島山麓にあたる上場と下場の標高差が大きく、気象状況は常に一定しないが、 町の平均気温は12度前後、年間降水量2,500m/m前後で天降川の源となっている。 このような地勢のなかで全国的な観光地、食糧供給地域として発展しつつあるが、町人口は年次減少の傾向にある。

霧島市立 牧園中学校

〒899-6507
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田751番地1
TEL.0995-76-0021
FAX.0995-76-0601
E-mail:makizono_jhs@po3.synapse.ne.jp

学区概要 - 牧園中学校