主なマグロの種類 名 称 大きさ 特 徴
クロマグロ 3m前後 日本の近海でも昔から獲られていたマク゜ロで、大西洋や地中海でも獲られています。脂が乗った時期のものは味も最高で、値段も高いです。本まぐろという名前で呼ばれています。
ミナミマグロ 2m前後 オーストラリア、ニュージーランドケープタウン沖の低温の海域で獲れるマグロです。脂が豊富なことから寿司屋でよく使われます。
> メバチマグロ 2m前後 「メバチ」の由来は目玉が大きくはっきりとしているので、「目鉢」という意味からつけられています。赤道より南北に緯度35度前後の範囲が漁場となっています。漁獲量の一番多いマグロです。
キハダマグロ 1.5m前後 肌が黄色いのでこの名前がつけられています。体型がほっそりとしています。漁場はメバチマグロと殆ど同じです。
ビンナガマグロ 1m前後 別名「とんぼ」と呼ばれています。特徴として横のヒレが長く「とんぼ」のようだから,その名前がつけられています。漁場はメバチ、キハダと殆ど同じで、暖かい海域に生息しています。