学校紹介

開聞小のキャッチフレーズ
「開聞小のあかるい子


校歌はこちらから → 歌声♪〜

 
校区について
 本校は,さつま富士の愛称で有名な開聞岳のふもと,池田湖を過ぎ開聞山麓公園を経て,長崎鼻に至る観光コースに位置し,自然の美しさと平和な田園に囲まれ,141年の歴史と伝統を有する学校である。校区は,学校を中心に4kmの範囲に散在する20の集落からなり,児童は徒歩で通学している。
 校区内の農家は普通作のほかに,タバコ・だいこん・かんしょ・果樹園等の換金作物や,近年畜産・養豚等の兼業農家もみられる。地域住民は勤勉であり,たゆまぬ研究心と努力を惜しまない。
 校区民の教育への関心も高く,学校教育に対し極めて協力的であり,市当局も,学校教育や社会教育の振興を図りながら,生涯学習の充実に努めている。
 児童は,のびのびとして明るく,行動的である。さらに,学習や勤労活動等の面において,自ら粘り強く取り組んでいこうとする態度の育成が望まれる。