フルーツの里奄美(フルーツの里あまみ)

1999年に大阪から奄美大島へ移住。奄美大島の特産果物を通信販売しながら、島暮らしの情報も発信しています。

奄美完熟たんかん

終了いたしました。

奄美完熟たんかん高温な地域でしか育たない「たんかん」は、日本では奄美大島をはじめ、屋久島や沖縄など、亜熱帯に属する地域でしか栽培されていません。温州みかんのように全国どこでも簡単に手に入る訳ではないので「たんかん」をご存じない方も多いと思います。「たんかん」の事を知っていただくため、少しお話させて下さい。

食べ始めたら止まらない!

「たんかん」の特徴は何と言っても濃厚な果汁。高い糖度がもたらす甘味だけでなく、隠し味として酸味が絶妙に効いています。この適度な酸味のおかげで、果汁にコクというか深味があるんです。ひとつ食べ始めたら止まらなくなる美味しさです。(この文章を書いているだけで、口の中に唾液が溢れてきました。(>ж<))
普段あまり果物を食べない男性の方でも、「たんかん」は大好きという方も多いのです。

当サイトの「たんかん」はココが違う!

たんかん農家の大海さん当サイトでは、長年、大海さんの畑で栽培された「たんかん」のみを販売しています。大海さん曰く、「たんかんの味は、日当たりや水捌け、昼夜の気温差など、畑の環境によって大部分が決まる。環境の悪い畑では、いくら手間を掛けても極上のたんかんは育たない」のだそうです。
大海さんは自宅近くに畑をお持ちでしたが、より美味しい「たんかん」を作るため、自宅から車で一時間も掛かる標高の高い山中に畑を開墾し、現在はそちらで「たんかん」を栽培されています。
大海さんが土地選びからこだわって栽培した「たんかん」ですから、自信を持って皆様におすすめすることができるのです。

他の柑橘類が食べられなくなった話

時々お客様から「たんかん」を食べた感想を頂くことがあります。その中から、強く印象に残っているものを一つ紹介させて下さい。高齢の母親の介護をされている中年の女性の方から頂いた感想です。
その方がお母さまに「たんかん」を食べさせたところ、「美味しい、美味しい」と喜んで食べたそうです。しかし、購入した「たんかん」を全部食べてしまった後、他のみかんを食べさせようとしても、「たんかんじゃないとイヤ」と言って、他のみかん類には一切手を出さなくなってしまったそうです。

多めの購入をお勧めします

初めて「たんかん」を購入されたお客様から追加注文をいただくことがよくありますが、青果市場から大量に買い付けているためでは無いため、出荷できる期間が限られており、商品到着後に追加注文を頂いても対応できない場合が殆どです。差し支えなければ多めのご注文をお勧めします。

ご自宅用

奄美完熟たんかん贈答用と比べると少し外観のキズは多いですが、味は全く変わりません。ご自宅用や気心知れたご友人への贈り物にはこちらをオススメします。

奄美完熟たんかん自宅用
5Kg( 約20~32個)
--- 売り切れ
奄美完熟たんかん自宅用
10Kg(約40~64個)
--- 売り切れ

贈答用

奄美完熟たんかん外観のキレイなタンカンを選りすぐってお届けします。大切な方への贈り物に最適です。

奄美完熟たんかん贈答用
5Kg( 約20~32個)
--- 売り切れ
奄美完熟たんかん贈答用
10Kg(約40~64個)
--- 売り切れ

お客様の声をご紹介します

最初の一口で、思わずのけぞってしまった程のおいしさです。フルーツが本領を発揮すると、このようにおいしくなるんですね。皮をむいた時の香りと、じゅわっとあふれでる果汁もすばらしいです。

下司な言い方ですが、東京の有名なフルーツ店の馬鹿高いどんなフルーツよりもおいしくて、しあわせな気分になれます。

早速ひとついただきました。流石みかんの王様ですね。めちゃくちゃ美味しいです。

母がとっても美味しいと美味しいと、それ以来他の柑橘類には一切手を出さなくなりました。

早速完売されたようですが、こんなにおいしいものならあたりまえですね。とりあえず1箱だけお願いして、おいしかったら追加注文して、両親に送ろうと思っていたのですが、考えが甘かったようです。来年のお楽しみにしておきます。

普段みかんを食べない主人や、息子も皮をむいて食べています!! とても心地の良い酸味と甘味で、“追加をしたい”と思ったら、もう完売の事。来年は最初から多めに注文しようと思っています。