03月行事予定

01日 卒園式リハーサル
02日 お別れ遠足
03日 誕生会
(ひなまつり)
06日 卒園式リハーサル
08日 交通安全教室
(さくら)
09日 お別れ会
10日 卒園式リハーサル
11日 第66回卒園式
15日 避難訓練
16日 運動教室
17日 英語で遊ぼう
(さくら)
24日 英語で遊ぼう
(ゆり・こすもす)
(詳細はプリントにて配布)

 

03月01日 えんだより献立表年間行事を更新しました。
02月01日 えんだより献立表年間行事を更新しました。
01月01日 えんだより献立表年間行事を更新しました。
12月01日 えんだより献立表年間行事を更新しました。
11月01日 えんだより献立表年間行事を更新しました。

 

苦情処理(平成27年度分)

◆分類別苦情受付件数

区分 利用者 家族 代理人 その他 合計
職員の接遇 1件 0件 0件 0件 1件
サービスの質や量 2件 0件 0件 0件 2件
利用料 0件 0件 0件 0件 0件
説明・情報提供 0件 0件 0件 0件 0件
被害・損害 0件 0件 0件 0件 0件
権利侵害 0件 0件 0件 0件 0件
その他 0件 0件 0件 0件 0件
合計 3件 0件 0件 0件 3件

◆主な苦情内容及び対応とその結果

区分 苦情の内容 対応とその結果
B

 新年度が始まり、子供達は大変な状態です。保育園に通う親は仕事をしていますから泣いている子供を保育士さんに預けて仕事に行かなければなりません。 そんな中、園長と副園長は、おそうじをされていますが、どうしてでしょうか?他の保護者とも話して、何人か疑問に思っています。 園のトップに立つお二人が、この状況を見ていて、フォローするのではなく、おそうじをしているのは、どのような考えなのか、保護者会で教えて下さい。。(申出日4月11日)

保育士が交代で掃除をし遊ぶ環境を整えているのですが、今、慣れない環境に戸惑い、泣いているお子さんが多いのが現状です。そのお子さんに対応しているため、保育士が掃除をできない状況になっており、そのため園庭に出る前に今は、園長と副園長で掃除をしているところです。 子ども達が落ち着きましたら、以前のような形に戻ります。お子様達の安全を確保し、環境を整え、ケガのないように配慮してまいります。(解決日4月11日)

B

 噛みつき、ひっかきが多いようですが、どのように対応されていますか。匿名の保護者より保育園側には言っているが対応が今ひとつで、保育士はいそがしそうにしている。目が行き届いていないのでは。しっかりと対応してほしい。(申出日6月19日)

今後についても、その時にすぐに対応し、保護者に伝えていきます。かみつき、ひっかきについては、年齢的な時期もあることではありますが、十分に配慮していきます。職員間の連携もしっかりと取ってまいりま。(解決日6月30日)

A

いつもお世話になっております。学童の件ですが、最近何名かの職員さんの子供に対する口の悪さにびっくりする事が何度かありまして。他の保護者の方にも聞いてみたら、ほかの方も経験があったようで。子供が委縮しますので、言葉使いの改善をお願いしたいです。自分の子供もあんな風に言われてるのかなと考えると心配になります。お忙しいし、人数も多くて大変なのはわかるのですが、安心して預けられるよう改善してほしいです。(申出日7月29日)

児童の一日の活動の中で指導を行いながら見守っております。注意を繰り返し受ける児童に対して厳しい口調になってしまうことがあります。口の悪さにびっくりされたことを学童職員と話し合い、お互いが気を付けて口調が悪くなったり、指導の仕方が悪い時はお互いで注意していくようにします。児童への支援に対して、しっかりと対応しその日の様子、出来事(注意・指導等)は保護者へお迎えの時、話し伝えることといたします。(解決日7月29日)

 

 

職員紹介(H28-04-01)

園長 1名
副園長 1名
事務員 1名
栄養士 1名
保育士 28名
看護師 1名
調理員 5名
支援センター 2名 
学童クラブ 3名
業務員 1名

 

 

 同胞保育園では、保護者の方達や地域住民の方達のための育児支援を 行っており、いろいろな事業にとりくんでいます。以下に事業内容を紹介します。
 
乳児保育  S49年から開始しています。一人一人の発育状態に応じて離乳食を始め、家庭との連帯を密にしながら、ゆったりとした雰囲気のなかで、スキンシップを大事にしていきます。
延長保育  保護者が仕事の関係で延長が必要な子供について、午後7時まで保育します。異年齢児が一緒に仲良く楽しいひとときを過ごしています。間食もあります。
 料金は、月13日以上の利用は月額2,500円、12日以下の利用は1日200円です。
一時保育  保護者などの就労や疾病・出産・介護等により、一時的に家庭保育が困難になる児童または集団保育が必要な児童に対し保育を行っています。
 料金は1日2,000円、4時間以内1,000円
                ( 食事、間食を含みます)
障害児保育  ひとりひとりの子どもの発達状態を把握し、日々の集団生活の中で、共に育ち合う思いやりを育みます。必要に応じ専門機関との連携をもち、よりよい発達の援助を行っています。
地域活動事業  地域における幼児・卒園児・お年寄りとの交流を通じて世代間のふれあいと親睦を図っています。また、育児講演会を実施し地域の子育て中のお母さんがたの育児支援を行います。
育児相談  子育て中のお母さんがたの相談を電話や面接、メール、ホームページにて受け付けています。お気軽にご相談ください。
貸し出し文庫  園の親子、地域の親子のかたがたに絵本などを貸し出し、読み聞かせによる子供の心の成長、親子のふれあいを図っています。汚したり、破いたりしないように、大切に読みましょう。
・貸出日・・・金曜の午後
・返却日・・・火曜日
・冊数・・・・・1人2冊まで
学童保育 保護者が就労等により昼間家庭にいない小学生(本園卒園児・大瀧・清水小学校)に対し、適切な遊び及び生活の場を与え、その健全な育成を図っています。
・料金は 月額 10000(年間契約) ・間食含みます。
病後児保育 保育園に通所している児童が突然の熱発や体調不良を起こしたり、病気の回復期にあるが、保護者の就労等の都合により家庭での保育を行うことが困難な児童を対象とします。

 

これからもよりよいホームページを作っていきたいと思っています。
ご意見がありましたらコチラからメールをお送り下さい。